【2003年度 審査結果に戻る】


◆優良賞(地域に根ざした食育推進協議会会長賞)

食品産業分野

「食と健康応援団」

 
 

名古屋勤労市民生活協同組合

(愛知県名古屋市)

「食の安全」+「食と健康」

生活協同組合の活動はそのはじめから「食の安全と安心」を求めるものでした。初期活動では過剰・不要・危険な食品添加物を排除することが取り組みの柱でした。そしてこうした活動が広まった現在、もう一歩踏み込んで「食と健康」を活動の柱にしなければ、健全な食生活を営むことができないと考えたのがこの取り組みのきっかけです。消費者組合員向けにマンガ・イラストを多用した「食と健康」ニュースの継続的発行が活動の幅を広げることになりました。

中学生の総合学習に参加

私達「名勤生協」の「食と健康」の取り組みが市内中学校の目にとまり、総合学習の時間に招かれました。お引き受けするにあたって、生協だけの取り組みにするのでなく、地域全体の取り組みにひろげることを重視しました。東山動物園、東海農政局、生協と提携している生産者・メーカー、JA愛知経済連、椙山女学園大学など提携・協力団体の参加も得て、食卓から世界農業まで目配りした出前学習をすることができました。

「食と健康」フェスタ

その結果、今度は中学生が生協行事「食と健康」フェスタに参加してくれました。中学校の食育発表コーナーで生徒の自主研究も展示発表して貰いました。さらに、中学生自身の「食」研究のために、生協の農産物取引先を紹介してほしいとの依頼も受けました。実際に中学生の訪問も実現して、消費者組合員より鋭い質問があったと嬉しい感想を貰いました。生協として地域消費者だけでなく、児童生徒に食育活動をひろげたいと考えています。


←BACK NEXT→