【2003年度 審査結果に戻る】


◆優良賞(地域に根ざした食育推進協議会会長賞)

農林漁業分野

「我が牧場で取り組んで来た事、それがまさに「食育」!」

 
 
 

冨田ファーム

(北海道紋別郡興部町)おこっぺちょう

農村・農業は癒しや安らぎを与える

都会から農場に労働力を受け入れて10年以上になります。当初は労働力の確保という考えでしたが、彼等の多くは都会で傷つき悩んでいる人達が多いことに気づきました。私は彼等と接するうちに「私達の営む酪農が、都会の人達にとっては価値あるものだ」と気づきました。そこで「彼等が働きやすくて、また来たくなるような牧場にしよう」と決意したのが現在のファーム・インの始まりでした。

ファームインへのこだわり

冨田ファームでは農場で働く人と宿泊体験者が一緒になって、種まきから収穫までの作業を行います。また地元の山菜をみんなで採りにいきます。冨田農場は酪農教育ファームですから、搾乳、ヨーグルト作り、チーズ作りも当然プログラムに入ります。実習生、従業員、宿泊客みんなが一緒になって食卓を囲むことが冨田ファームのこだわりです。

作る喜び・味わう喜び・癒される喜び

お米や野菜栽培にも共通するところがあるでしょうが、酪農には特に生き物と接することの大切さがあります。人が優しく接すれば牛も優しく応えてくれますが、荒く接すれば牛も荒く返してきます。農業と動物に接することで、都会での不安定な精神生活が癒されます。大きな自然と農業の中で、食物を育て、味わうことにこそ食育の原点があると思います。


←BACK NEXT→