【2003年度 審査結果に戻る】


◆特別賞(審査委員会奨励賞)

農林漁業分野

「大学カリキュラムと連携した食農体験担い手育成」

農事組合法人 駒谷農場

(北海道夕張郡長沼町)

 

●札幌市にある北星学園大学は、平成14年度から文学部に心理・応用コミュニケーション学科を新設しました。1年次は総合講義で12分野の専門的な知識や現場の取り組みを学び、2年次は4分類の中から、いずれかのフィールド実習を選択しなければなりません。産業・野外系を選択した学生は、駒谷農場で実習を行うことになります。

●平成15年度農場での主たる実習は、春の育苗管理から野菜の収穫までの農作業と元厩舎を宿泊施設に改造する建築作業で、参加学生は18人(男5,女13)。農場そして教官、大工等の指導のもと、3月から9月までの期間は延べ24日、参加学生は延べ241人でした。農作業やモノづくりの達成感は大きく、所期の目的を達成しました。父兄からは、「親と疎遠であった学生達が実習に参加するごとに、別人のようにいきいきと作業の内容を語るなど、生活行動が変わってきた」という声もいただきます。

●今では、親たちは安心してこの実習に送り出すようになり、支援の輪が大きくなってきています。農業環境が大きく変化する中、JAながぬま組合長としての重責を担いながら、消費者や次代を担う学童、若者に生産現場を堂々と公開できることが消費者等の信頼、交流を築き上げていくことになると考えています。


←BACK