【2004年度 審査結果に戻る】


◆優秀賞(農林水産省 消費・安全局長賞)

食品産業分野

「栄養相談・パネル展」

〜社員食堂で「大人の食育」活動〜

 
 
 

栄養食株式会社

(東京都品川区)

社会人の自己管理型食育支援

子どもを対象にした食育が地域や学校で真剣な取り組みがなされているのに対して、働き盛りの社会人の食生活については顧みられることが少ないようです。しかし、肥満や生活習慣病の多い社会人の食生活事情の改善も急務の課題です。企業の社員食堂という場を活用して、食の自己管理を支援するのがこの活動の目的です。

「指導型」から「援助型」カウンセリングへ

活動は、昼食時間帯でのパネル展示と個別の栄養指導が2つの柱です。管理栄養士が希望者一人ひとりの食生活診断を実施して、当事者の嗜好・持病・体調等を考慮しながら相談に応じます。この3年間で16カ所724人の相談に乗ることができました。短時間の相談ではありますが、野菜や大豆製品の小鉢の利用が増えるなどの成果につながっています。社会人が対象ですから、一方的な指導より援助型の活動が効果を発揮しています。

地域に広げる「楽しい食事の会」

社員食堂での栄養指導を発展させて、食品産業が地域でどのような食育活動ができるのか。その実験的試みが地域住民を対象とした「楽しい食事の会」です。これは子会社が担っています。参加者から材料費だけをいただいて、「旬の食材を使ったヘルシーエコ料理」をテーマとした食事会です。今後は調理参加や生産地見学等にも発展させていきたいと考えています。


←BACK NEXT→