【2004年度 審査結果に戻る】


◆優良賞(地域に根ざした食育推進協議会会長賞)

食生活改善分野

「生野菜人形劇「たべものさんありがとう」」

 
 
 

野菜人形劇団ベジタブル

(福岡県鞍手郡若宮町)

生野菜がしゃべった!

ナマ人参に顔をつけて洋服を着せてみたのは今から17年前のことでした。人形劇団は数多くても、生野菜を使う人形劇は珍しいでしょう。独特のにおいをもった生きた野菜があいさつすると、子ども達はたちまち人参が大好きになりました。大人の言葉は聞かなくても野菜の言葉には耳を傾けたのです。

野菜の顔は毎日変わる

公民館、直売所、保育園、幼稚園、小中高校での公演は1年間に35回にもなります。もちネタは17題と少なくても、必ず旬の野菜を使うので登場人物の顔は毎日変わります。かぼちゃだって品種が違えば全く別の顔に変わります。生野菜だからこそ、子ども達は野菜の旬を実感することができるのです。

食べものさんありがとう

登場させた生野菜は公演後子ども達にプレゼントしたり、持ち帰っておかずにします。物語の中だけでなく実物を大切にすることが子ども達へのメッセージです。10代から70代まで23人の男女混合、会費・会則なしのボランティア野菜人形劇団は、依頼が続くかぎりどこへでも出かけていきます。


←BACK NEXT→