【2004年度 審査結果に戻る】


◆優良賞(地域に根ざした食育推進協議会会長賞)

食品産業分野

「食の楽しさと大切さを伝えたい〜工場見学とビデオ配布活動〜」

 
 
 

キユーピー株式会社

(東京都渋谷区)

工場見学の草分け

調布市の仙川工場で小学生の社会科見学を受け入れたのは、今から40年以上前の1961年でした。当時、食品業界で工場見学を実施している会社は殆どなくて、当初は社内でも「企業秘密が漏洩するのでは?」と疑問視する声が出るほど珍しいことでした。今では年間88,000人もの子どもや消費者が訪れるようになりました。

野菜に親しむ1つのきっかけ

子ども達の見学に際して特に重視していることは、野菜摂取の重要性を訴えることです。野菜にはどういう栄養素が含まれているのか、どうして野菜を摂らなければいけないのかを伝えたいと考えています。また、これまで4種類のビデオ教材を制作しました。小学校をはじめとして、全国の高校、短大、消費生活センター等に提供しています。

食品産業と環境保全

当社が利用する卵は日本全体で生産される量の約9%にあたります。日々発生する膨大な量の卵殻を粗末にしない工夫が必要です。このカルシウム源を利用した幼児食・介護食、化粧品やうまみ調味料等も開発しています。工場見学という場は、子ども達・消費者と接することで食品産業の社会的役割を再確認する場でもあります。


←BACK NEXT→