【2004年度 審査結果に戻る】


◆特別賞(審査委員会奨励賞)

教育分野

「発信します。食情報〜給食時のショートな情報を毎日発信する給食委員会〜」

設楽町立設楽中学校

(愛知県北設楽郡)

生徒が発信する1日1分間のワンポイントアドバイス

給食時に生徒自身が毎日1分間の食情報を発信するという活動をしています。1回たった1分ですが、一年間継続すると184分にもなります。その食情報は14人の給食委員が準備します。1分間という短い時間の中で、如何に多くの生徒の関心を惹くことができるか、準備は1分間ではできません。

マンネリ化させない食情報

自分の発表日の献立に基づいて給食委員は下調べをします。担任教諭や栄養職員にも相談します。図書室やインターネットでも関連情報を探します。友達との何気ない会話の中でも、友達が知りたがっている食情報は何か、そのヒントを探すようになります。そのことが自分自身の食生活を見直し、同じ中学生仲間にも影響を与えるようになっています。

 


←BACK NEXT→