【2004年度 審査結果に戻る】


◆特別賞(審査委員会奨励賞)

教育分野

「「こみの株式会社」2年目の挑戦〜地産地消運動の広がりをめざして〜」

三木町立小蓑中学校

(香川県木田郡三木町)

生徒が作った野菜販売「こみの株式会社」

当校は山間部の小規模小中併設校(小学生5人、中学生7人)です。人間関係が固定しているため、社会性を養うことが課題になっています。2年前に地域産業を学習したとき、地元野菜のおいしさに目が開かれました。「小蓑の野菜は売れるぞ。買った人に喜んで貰えるに違いない。そのためにはどうしたらいいか」。地元JA三木の「とれとれ市」で野菜を販売する模擬会社を作ったのはこれがきっかけでした。

地産地消こみのの歌

地域住民と教員を投資家にして株主総会も開きました。仕入れと販売の営業部門、経理部門、宣伝部門も必要です。「社訓」まで作り、ついに「地産地消こみのの歌」まで作りました。事業終了時には配当も実施することができましたが、何よりも地域農産物を見つめなおすことで、社会性が養われたことが一番の成果です。

 


←BACK NEXT→