Home > 2005 募集要項

※2005年度の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

1.募集分野と活動内容の例

分野 分野解説

1.食生活改善分野

家庭や地域における食生活改善活動等
以下の「教育」「食品産業」「農林漁業」分野にあてはまらない活動は、すべてこの分野で応募してください。
2.教育分野 幼稚園・保育所・学校・その他教育関係者による食育活動等
生産・加工体験を通じた食育も含みます。
3.食品産業分野 企業・団体等における食育・食情報提供活動等
食品産業以外の企業の食育活動も、すべて食品産業分野にご応募ください。
4.農林漁業分野 農林漁業関係者による子ども・消費者を対象にした食についての体験的な活動等
※応募者の資格は問いません。個人の応募も歓迎します。1団体1事例の応募を原則とします。分野については、事務局で変更することもありますのでご了承ください。

2.応募方法

応募用紙(PDFファイル)に必要事項を記入の上、切り取り、添付書類・写真と同封して事務局宛て送付してください。
このホームページからも応募できます。

3.応募〆切

平成17年11月15日(火)…当日必着

4.審査委員

委員長 坂本元子(和洋女子大学副学長)
委 員 阿部裕吉(学校食事研究会事務局長)/遠藤景子(NHK生活食料番組部部長)/鈴木庸裕(福島大学人間発達文化学類助教授)/長田綏男((財)食生活情報サービスセンター専務理事)/ 原 正俊((社)日本栄養士会専務理事)/福士千恵子(読売新聞社編集局生活情報部次長)

5.審査基準

A:創造性、B:実行度・努力度、C:発展性 を勘案して審査します。

6.審査結果の発表

平成17年12月に、当ホームページで表彰団体を発表します。表彰団体を除いて、個別には審査結果をお知らせいたしません。

7.表 彰(予定)

農林水産大臣賞/農林水産省消費・安全局長賞/地域に根ざした食育推進協議会長賞
※ 昨年度は、審査委員会奨励賞を含め31事例が表彰されました。受賞者には、副賞が贈呈されます。

8.表彰式

開催日 平成18年1月15日(日)
会 場 東京国際フォーラム 東京都千代田区丸の内3-5-1
「ニッポン食育フェア 第3回食育総合展」会場内

9.応募者の特典

受賞事例を紹介する報告冊子を謹呈します。

10.問い合せ先

(社)農山漁村文化協会 提携事業センター内
地域に根ざした食育推進協議会事務局 食育コンクール係
〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1
Tel:03-3585-1144 Fax:03-3585-6466
E-mail:info-shoku@mail.ruralnet.or.jp