Home > 2005 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食品産業分野

北九州市こども料理王選手権

 
 

北九州市中央卸売市場協会

(福岡県北九州市)

●6人1組、力を合わせて地元の食材を料理

もっと消費者と交流したい、特に子どもたちに「食」について伝えたいという思いから企画しました。小学生が6人1組になって料理の腕を競うというもので、2001年から毎年開催。地元の農産物を数品入れることを課題にしています。これは、地産地消の大切さに気づき、野菜や果物、魚介類の旬を理解してくれることを期待してのことです。

●連続参加する組が増加、料理も進歩

年々再挑戦する組が増えています。それに伴って、料理に興味を深める子どもも増えているようです。料理の質も向上しており、2005年は郷土料理にひと工夫加えたチームや、苦手な野菜・魚料理をおいしく食べられるように工夫したチームが目立ちました。調理の喜びを知り、食への感謝の気持ちが育まれていることが感じられます。