Home > 2006 結果・事例紹介

--優秀賞 農林水産省 消費・安全局長賞--

食生活改善分野

孫と一緒にクッキング! 〜3世代「食育」講座〜

 
 
 

高槻市保健センター

(大阪府高槻市)

●祖父母や地域の力を借りた「食育」

 保健センターの様々な事業を通して見えるのは、年々、子育て、中でも「食」に関してうまくできないことが保護者の大きなストレスの原因となっており、そのストレス解消の矛先が幼い子ども自身になっているということです。市内32地区に配置した「健康リーダー」がやってきた料理教室を、保護者だけの力にたよらず、祖父母や地域の力を借りて、子どもも参加するものにできないかと考えたのが、この3世代講座「孫と一緒にクッキング」です。

●近隣の人同士のつながりを大切に

 「この教室のおかげで孫と料理ができることを楽しみにしてたんよ!」とニコニコ顔で高齢者の方が話してくれました。家族がみんな忙しく参加をあきらめていた子どもさんは、健康リーダーが「一緒に行こうか」と誘ってきてくれ、時には「よその孫借りてきたわ」と冗談をいいながら地域の子どもたちを何人も連れて参加いただいた方もあります。子どもが家族やよその人とのつながりで参加できる機会が得られたことは、大きな成果のひとつと考えます。

●パパやおじいちゃんも参加して

 夏休みや土日、祝日を中心に実施しているので、パパやおじいちゃん、男の人たちの参加も目立ちます。男性は一緒に参加しているお孫さんやお子さんに教えなければならないので、一言も聞き漏らすまいと必死に聞いて下さっているようです。このように、男性が一緒に調理実習に参加して頂けることで、教室の雰囲気を活気あるものに変えられたことも、この事業の大きな収穫です。