Home > 2006 結果・事例紹介

--優良賞 地域に根ざした食育推進協議会会長賞--

食生活改善分野

緑をたっぷり召し上がれ事業
〜野菜大好きな子どもを増やす活動〜

 
 
 

横浜市緑区食生活等改善推進員会

(神奈川県横浜市)

●野菜の摂取量が不足している

 平成15年の活動の中で、実態調査を行なったところ、野菜は食べていても摂取量が不足している、また、若い人ほど野菜を食べていないということがわかりました。この結果を基に平成16年度より「緑をたっぷり召し上がれ」事業を実施しました。活動はイメージソングの制作、体操の創作とビデオ・DVDの自主製作、緑たっぷりクッキーの開発・製作等、多岐に亘ります。

●緑たっぷりクッキー

 野菜大好きな子どもたちを育てるためには、幼児期から野菜に親しみ、おいしく食べる習慣を身につけることが大切です。おやつからも野菜が取れるようにヘルスメイトが知恵を絞り、地場産の野菜を使った緑たっぷりクッキーを、5種類(大根葉、人参、ごぼう、パセリ、かぼちゃ)開発しました。

●料理・ウォーキングマップ集 「緑をたっぷり召し上がれ」の作成

 会員が持ち寄った130余りのレシピの中から、地場産の野菜を中心に40を選び、本にしました。また、緑区は緑被率が市内で一番高く、いたるところで農作物に接することが出来ますので、野菜により親しみ、食べることだけでなく運動もとりいれるためにウォーキングマップも掲載しました。緑区内の身近な所で1〜2時間で歩けるコースを選び、ヘルスメイトが何回も歩き、地域で採れる野菜や直売所をマップで紹介しました。