Home > 2006 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食生活改善分野

手作りグッズで楽しい食育 〜気が付けば食育おばさん〜

 
 

板良敷信子

(千葉県船橋市)

●食べるって楽しいね!を伝えたい

 児童ホームで手芸指導のボランティアをしていた10年位前。集中力の無い子、すぐに切れる子、肥満の子、いつもだるそうな子が多くいて、子どもの体の異変は「食」に原因があるのではないかと思い始めました。手芸講師の立場から私に出来ることは、子どもの心に暖かく届く手作りの教材を伝えること。「食べるって楽しいね!食べることって嬉しいね!」をメッセージに、食べ物を題材にした絵本の中からオリジナルの人形を作り、楽しく、演じてみました。

●モコモコウンチはお野菜もっとたべようね!

 初めて作った食育教材、一本棒のウンチ人形、何でも食べるよい子のウンチはバナナウンチ、モコモコウンチはお野菜もっとたべようね!子どもはウンチのお話が大好きです。きらきら輝く眼でジーと人形を見て「バナナウンチが出るように、嫌いなお野菜いっぱい食べるよ!」と言う子ども!子どもたちが自分で自分の健康を守り、健全で豊かな生活が送れる能力が身に付けられることを目標に、オリジナルグッズを作り続けています。