Home > 2006 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

教育分野

食材から育てる「料理コンテスト」
〜農業科高校生が企画する中学生向け食農教育講座〜

 
 

茨城県立真壁高等学校農業研究部

(茨城県桜川市)

●将来の消費者に期待して

 農業科の大きな役割のひとつに、農業の「担い手」を育成することがありますが、生徒が将来就農を希望しても、それを支える地域の消費者がいなければ安定した農業経営はできません。そこで、農業研究部の生徒たちが将来の消費者(中学生)に食農教育講座を開くことにより、食生活についてより正しい知識と農業に対する理解と協力を得て、やがて将来の地域農業を支える賢い消費者になることを期待し、「料理コンテスト」を実施しました。

●地域の農業を支えていきたい

 食事・栄養に関する講義および「料理コンテスト」のルールに「食事バランスガイド」を取り入れ、簡単に栄養バランスについて理解できるようにしました。また、芋がら、カンピョウ、切り干し大根のどれか一つを料理に加えることとし、郷土料理についても学ぶ機会としました。終了後には、「安全な農産物生産のため地域の農家には頑張ってもらいたい」「農業の苦労がわかった、地域の農業は大切なので支えていきたい」との声が多く聞かれました。