Home > 2006 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

農林漁業分野

たのしかったお米づくり 〜一粒の籾からはじまる食農教育〜

 
 

あぐりの田んぼ学校・竜丘保育園・時又保育園

(長野県飯田市)

●食や命や農の大切さを伝えよう

 地域の子ども達に食や命や農の大切さを伝えようと、南信州あぐり大学院の卒業生である東京・神奈川等の都市住民と、地元の農家、保育園が一緒になり、籾播きから収穫、調理までを体験する取り組みをしています。今年は、「一粒の籾からどのくらいのお米ができるか」を子ども達に体験してもらうために、株に印を立てて育てました。結果、約1300粒のお米ができ、驚きと感動を体験しました。

●豊年リレーでは、籾、鎌、おむすびをバトンに

 運動会での、「あぐりの田んぼ 稲の組体操」「豊年リレーで籾、稲、鎌、おむすびをバトンに(右写真)」等、お米作り活動の様子を、運動会、絵本づくり、紙芝居、ペープサートに活用しました。お米を通したこれらの活動の結果、卒園児の、小学校の担任の先生からは、「こんなに好き嫌いがなく給食を食べられる1年生は初めて」「残食がほとんどありません」「残したり落としたりこぼしたりすると、もったいないと言える子ども達です」という評価をいただきました。