Home > 2007 表彰式・発表展示会 > 出展ブース

表彰式・発表展示会
会場の様子
表彰式
受賞発表
出展ブース
開催概要
●1 催事名・開催日等
●2 催事プログラム
●3 表彰式次第
●4 展示企画一覧

出展ブース

●農林水産大臣賞 上越市立高志小学校5年生

 農林水産大臣賞を受賞した上越市立高志小学校の展示。ブースには常に来場者がつめかけ、熱心に話を聞いていました。
 受賞のポイントをうかがうと、「たんに稲を育てただけでなく、子どもたちが『どのようにとらえ・決め・実行し・成長したか』を丹念にフォローしたことが、決め手となったのではないでしょうか」とのこと。

 たとえば育てたお米をおにぎりにして販売した際には、値段を決めるために、ある子どもはコンビニのおにぎりの値段を調べ、ある子どもは農協へお米の値段を問い合わせました。 結局、お客さんに値段を決めていただくことで落ち着いたのですが、子どもが「自分で考え・調べた」ことこそが重要でしたと、お話しされていました。


●農林水産省消費・安全局長賞 西米良村元気な子どもを育む食育推進委員会

 中央のオレンジのパネルが、今回の事業でつくられたみそ汁のレシピ集。村の特産品を使ったレシピは、村内全ての家庭に配られています。
 レシピ集にはいろいろなバリエーションのみそ汁・スープが提案され、子どもに「毎日みそ汁を食べてもらいたい」という願いが込められています。
 今後は調理実習での活用や村民へのオリジナルレシピの募集などが行われる予定です。
 会場には、特産の「米良大根」や「イセいも」も並べられ、来場者がめずらしそうに眺める姿も見られました。


●農林水産省消費・安全局長賞 西海市立瀬戸小学校

 西海市立瀬戸小学校では、5年生の生徒たちが地域の食材を使ってオリジナルレシピを開発し、1日だけの「 大瀬戸食堂(バイキング方式)」を開店。それまでの調べ学習でお世話になった地域の人たちを招き、料理を振る舞った取り組みをしました。

 展示パネルでは、大瀬戸食堂開店までの流れや、「かわはぎのフィッシュバーガー」などのオリジナルメニューが、数多くの写真とともに紹介されていました。


●農林水産省消費・安全局長賞 株式会社 日立柏レイソル

 株式会社 日立柏レイソルのブース。同チームに所属する子どもたちにむけた、栄養指導や食育活動についての活動記録DVDなどを使って展示されていました。
 モニターやパネル、食品サンプルがとても見やすく配置され、ほかと比べても完成度の高いブースとなっていました。


●農林水産省消費・安全局長賞 やきつべの里フォーラム

 東益津公民館と共催で、1年間をかけ米を育てる「Myライス事業」、東益津小学校の「チャレンジ米作り支援活動」などのパネル展示ほか、ブースの前には焼津の特産品の数々が並べられました。
 黒ハンベや鰹節といった焼津の特産品に、来場のお客さんも興味津々の様子でした。


●農林水産省消費・安全局長賞 NPO法人霧島食育研究会

 NPO法人霧島食育研究会のブースでは壁一面に料理写真が飾られています。これは過去に行なわれた「霧島・食の文化祭」に出品された料理を撮りためたものとのこと。
 ブースの中にはなんと「ちゃぶ台」があり、卓を囲んでリラッスクスしながら、まわりの写真をじっくりと眺める事ができました。


●地域に根ざした食育推進協議会会長賞
保土ヶ谷区お弁当向上委員会

 保土ヶ谷区お弁当向上委員会のブース。幼稚園児や中学生のいる家庭を応援する、「簡単手作りお弁当」や「お弁当のポイント」など、活動報告ポスターの展示がメインとなりました。


●地域に根ざした食育推進協議会会長賞
山口県立田布施農業高等学校

 山口県立田布施農業高等学校のブース。地域の農業高校と地域の小学校5校との連携授業の取り組み。高校生たちが、子どもと一緒に麦を育てる試みをしています。
 事の発端は、「農業高校の生徒が、 主食である米の生産量が年間900万トンに対し、食料廃棄量は年間2000万トンにも及ぶことに、疑問を持ったことから始まりました」とのこと。

 この問題を解決するには、「より多くの人にこの事実を知ってもらう必要がある」と考え、フードマイレージの考え方をもとに、食料自給率が低い日本の現状を、小学生に伝える活動につながっていったそうです。さらには学校畑で小麦の栽培もして、地産地消の重要性も勉強しました。


●地域に根ざした食育推進協議会会長賞
ヒガシマル醤油株式会社研究所

 ヒガシマル醤油株式会社研究所では、兵庫県龍野市の中学校を対象に出前授業を行なっており、約半年をかけて本格的な醤油づくりを体験してもらっています。
 ブースでは、出前授業の様子をパネルで紹介したり、もろ味や丸大豆など、実際に使われた教材を展示して、子どもたちの興味を引いていました。


●地域に根ざした食育推進協議会会長賞
季の野の台所
 オリジナル味噌の作り方や、味噌作りに使われる材料も展示していました。味噌の材料として大豆、塩までは比較的想像もつきやすいですが、発酵にかかせない麹を、玄米、大麦、大豆、米、小麦の5種類も用意。「麹屋さんに調整してもらったもので、力強いですよ」などと説明がありました。
 麹の展示はなかなか珍しく、来場者の興味をひいていました。

●地域に根ざした食育推進協議会会長賞
ささえたまご農園

 ささえたまご農園のブース。烏骨鶏の卵を使ったカステラの試食や卵クイズを行ない、ブースの前にはいつも人だかりができていました。
 ブース内のパネル展示では、ささえたまご農園で使用している発酵飼料や発酵鶏糞の紹介に加え、エサやり体験、卵を使った料理体験の様子が紹介されていました。
 
さまざまな体験の試み中で、子どもが鶏にエサをやれるようになるまで、1時間ほどかけてゆっくり鶏とふれあう『エサやり体験』が、どの学校の先生に評価されているとのことでした。また卵を使った料理体験では、ニンジンをパスタ状に削った「カルボナーラ」が好評とのことです。


●地域に根ざした食育推進協議会会長賞
玉村小学校・玉村町とうがん給食ネットワーク
 町民にタネを配って育ててもらい、集まった「とうがん」を、給食のメニューに取り入れる取り組みを紹介。とうがん栽培の様子を説明したポスターが一面に掲示されていました。
  とうがんは日持ちのする野菜なので、ある程度、材料の数が揃うまで待つことができるのがポイントとのこと。
  「今日持ってきたとうがんも秋に収穫したものなんですよ」と説明をしながら、本物のとうがんを見せてくれました。

●地域に根ざした食育推進協議会会長賞
秋田県横手市増田地域食農推進チーム
 秋田県横手市増田地域食農推進チームのブース。展示内容は、農業高校生、小学生、地域住民の3者が一体となった、稲作体験と、食育活動への取り組みです。
  「高校生が直接、小学生に教えるので、どうやったらわかりやすくできるかなど、来年に向けての課題はまだたくさんあります」と実際の体験の様子を説明してくれました。
 ブースの前に大きな米俵を置き、ひときわ目を引く展示となっていました。

●審査委員会奨励賞
新居浜市食生活改善推進協議会
 新居浜市食生活改善推進協議会のブース。「おいしい 簡単 バランスレシピ集」は、食事バランスガイドに従って、料理のサービング数がひとめでわかるようになっています。
  また、伝統食をとり入れた新居浜市版「食事バランスガイド」が、タペストリーや立体模型になって飾られていました。

●審査委員会奨励賞
NPO賢和会「男の台所」
 ベストブース賞を獲得したNPO賢和会「男の台所」のブース。
 男性高齢者向けの料理教室も最近では増えてきていますが、1年間で30回以上の講習のある教室はめずらしいとのこと。展示自体はおとなしめでしたが、なによりメンバーのお父さんがたが皆元気。
  「台所に入るようになって、毎日、食事をつくってくれる家族のありがたさがわかりましたよ」と思わぬ効用(?)を説きながら次々にお客さんを捕まえて、ブースの前は大にぎわいでした。

●審査委員会奨励賞
愛知県立豊橋商業高等学校
 販売実習に食育をプラスした専門学科「お弁当作りの商品企画」を学んだ生徒たちの試み。
 授業はまず、現代の食の問題点を確認するところからスタート。それをふまえ、外部のコーディネーターや大学の栄養学の先生などにアドバイスをもらいながら進めていったそうです。
 「カルシウム弁当」を企画した際は初め、カルシウム含量のことばかり考えすぎて、栄養監修の先生から「ほかの栄養とのバランスが悪くなってます」とダメだしが出たとのこと。
 最後は実際に文化祭や食育イベントで販売したことも、「企画から販売まで」を視野に入れた、商業高校らしい取り組みとなっています。

●審査委員会奨励賞
風の子の家

 静岡県の保育所、「風の子の家」のブース。学童の「かべ新聞」や食育活動のパネル展示を行ないました。
 「子どもたちのクラフト教室」では折り紙の独楽を作ってくれ、なつかしそうにコマをまわす来場者の姿がたくさん見られました


●審査委員会奨励賞
福岡市立下山門小学校
 福岡市立下山門小学校のブース。こちらの取り組みは「楽しく食べる10年計画」。8歳(小3)から食に関する教育を始め、多くの子どもが独り立ちにさしかかる18歳頃までに食に必要な知識を身につけさせる、その土台づくりのとり組みです。
 ブースでは小学校での取り組みを撮影したDVDが流されていましたが、このDVDの作成も10年計画の一部。ほかにも「お弁当の日」の様子を撮影した写真がブース全体を埋めていました。

●審査委員会奨励賞
長野県飯田市上久堅小学校3学年
 地域特産の「小野子ニンジン」の調査、種まきから収穫、試食、販売まで児童学習のまとめ、活動記録写真などを展示。
 また、子ども達が「小野子のごのごニンジン〜♪」と歌う「小野子ニンジンの歌」も終日流れ、めずらしそうに聞き入る来場者もちらほら。
 児童が作った販売用ラベルや、児童の栽培日誌「小野子ニンジンNews」も並べられていました。

●審査委員会奨励賞
網走市立網走小学校
 網走市立網走小学校のブース。
 受賞者発表会のステージでも披露した「おでんのうた」のダンスをブース前の通路で踊ると、来場者が立ち止まって人だかりができ、注目を集めていました。
 またブース内のプロジェクターでも、おでんの唄のバックに流れるスライドで、地元の水産加工食品を学ぶようすを紹介していました。

●審査委員会奨励賞
徳島食育研究会

  3つの小学校が協力して、それぞれが他の2校へ、地元特産の畑と海の食材を提供し、お味噌汁を作る取り組みです。
 ワカメを送った小学校では、ふだん食べ慣れているワカメが他校で絶賛されたことを知り、自分たちの町や暮らし、親の仕事などを新しい視点で見ることができたとのことでした。
 またダシを送った小学校では、煮干なんて漁協で小魚を買ってきて、大なべで煮て乾かせば簡単にできると考えていたそうです。ところが、煮あげた小魚をベランダで干したところ、2、3日して蛆虫が大発生。しかしここであきらめるわけにはいきませんでした。2つの小学校がこの煮干を待っているからです。そこから子どもたちは、煮干の作り方を真剣に学び始めたそうです。
 「自分たちの食材を待っている人たちがいる」ことが、責任感を学ばせるよい機会になったということでした。


●審査委員会奨励賞
株式会社 ニチレイフーズ
 株式会社ニチレイフーズのブース。食育活動紹介、パネル展示やリーフレットの配布を行ないました。
 ニチレイでは五感を使った食のワークショップや、地域ネットワークでのお料理教室など、幅広く食育活動を展開している様子を紹介していました。

●審査委員会奨励賞
宮城県漁協気仙沼支所大島出張所女性部
 宮城県漁協気仙沼支所大島出張所女性部のブース。子どもたちがホタテ養殖やワカメ養殖を体験する取り組みの紹介。
 地域の特性を活かし、漁業の体験にとり組んでいるところが、来場者の注目を集めました。またホタテの稚貝など普段あまり見る事のできないものの展示もありました。

●審査委員会奨励賞
熊本県芦北町食育推進応援隊グループ
 熊本県芦北町食育推進応援隊グループのブース。主菜、副菜、主食、汁ものと4色に塗り分けられたランチョンマットを使った食育活動を展開。
 このマットを町内の幼稚園児、保育園児に配布し、家庭の中からバランスのとれた食事をしてもらおうというとり組みです。

●審査委員会奨励賞
キッチン・サーギー
 キッチン・サーギーのブース。東京の中野区で活動している、定年退職されたお父さんがたを中心としたグループ。
 3カ月に1回、小学校の家庭科室を借りて、羽釜でお米を炊いたり、ごはんに合うおかずを作るなどの食育活動をしています。
 そのひとつとして今回は、東京農大の学生が考案した「日本茶入りふりかけ作り」を、来場者が体験。火を一切使わず、すり鉢だけでできるので、高齢者に体験してもらう場合にも安心なメニューとのことでした。
 若い世代ではすり鉢をあまり知らない人も多く、すりたての匂いが食欲をそそることも知ってもらいたいとのことでした。

●農林水産省 教育ファーム・食事バランスガイド
 「食事バランスガイド」の紹介や、教育ファームモデル事業についてのパネル展示がされていました。

●食育を楽しむ食文化コーナー
信州・つがいけ食農学習センターグループ
 長野の伝統料理、大豆を使った「ムジナ料理」各種の実演。出来上がったお料理は、来場者の方に試食してもらいました。
  また味噌やジャムなど、手作り農産加工品の紹介も行なわれました。

●食育を楽しむ食文化コーナー 食育を楽しむ農のクラフト・農文協
 稲ワラ・麦ワラを使ったワラ細工の体験コーナー。
  ねずみのかぶりものをした担当者が、つくりかたの指導をすると、子どもも大人も身を乗り出しながら熱心に作り方をきいていました。
 みご筆(モミを収穫したあとの稲の穂を束ねた筆)づくりから、麦ワラビーズ遊びなど、大人から幼児まで楽しみました。

●食育を楽しむ食文化コーナー 農文協「食育の本屋さん」
 農文協「食育の本屋さん」のブース。『うかたま』や『食育活動』、『食農教育』など、農文協の雑誌や書籍を紹介していました。

●食育おにぎり茶屋 NPO法人メダカの学校
 NPO法人メダカのがっこうのブース。農薬無使用、自然耕米でつくった10種類のおにぎりを割引き販売。来場した多くのお客さまがここで舌鼓を打ちました。

●食育おにぎり茶屋 日本捕鯨協会
 日本捕鯨協会のブース。クジラの龍田揚げの無料配布やクジラの大和煮缶の販売など、普段はなかなか口に入らないクジラのおいしさをアピールしていました。

●食育おにぎり茶屋 JA大井川 川根茶業センター
 JA大井川 川根茶業センターのブース。お茶の試飲や「おくひかり」の紹介などを行ないました。

●食育おにぎり茶屋 掛川新銘茶づくり協議会

 掛川新銘茶づくり協議会のブース。お茶の試飲や「さえみどり」「つゆひかり」の紹介などを行ないました。