Home > 2007 結果・事例紹介

--優秀賞 農林水産省 消費・安全局長賞--

農林漁業分野

地域の子どもと「心」コミュニケーション

やきつべの里フォーラム

(静岡県焼津市)
 
 

●MYライス作り

 農家や定年退職者を中心に「地域の子は地域で育てよう」の共通認識のもとで、公民館、幼稚園、小・中学校と協力し、ボランティア活動を展開しています。農業体験がなく、米がどのようにしてできるのか、また、どうしてご飯になるのかわからない、子どもだけでなく大人の中にも知らない人が増えており、米作りを体験したいという声もあったため、年7回の稲作体験を実施しました。もみまき、田植えから始まり、草取りやかかし作りも体験しました。また、収穫祭では釜とまきでご飯を炊き、米粉を使ったドリア作りにも挑戦しました。

●小学校でも実施

 小学校の総合的な学習の時間においても、野菜作り、稲作体験の支援を行いました。小学2、3年生はジャガイモ、タマネギを栽培、収穫した後カレー作りを実施。小学5年生は古代米を植え、収穫した米でもちつきをし、米粉を使ってマドレーヌを作りました。2月にはお米についての学習内容をフォーラムで発表し、地域の方に、自分たちの勉強したことを紹介しました。オペレッタは大好評でした。

●地域で学び、地域を学び、地域に学ぶ

 公民館と共催のふるさとジュニアカレッジでは、東益津地区の子ども達を対象に、農業体験のほか、竹細工や凧作りなど、様々なイベントを実施しました。また、サッポロビール工場敷地内にてひょうたんの栽培を行い、ひょうたん作りをしました。農業を体験した結果、子ども達の農業を見る目が変わり、農作業を続けていくにつれ、進んで作業をするようになりました。