Home > 2007 結果・事例紹介

--優良賞 地域に根ざした食育推進協議会会長賞--

教育分野

地域がe-coを育てる
〜小学生・高校生・地域の文化と交流により共に育つ〜

山口県立田布施農業高等学校

(山口県熊毛郡田布施町)
 
 

●EAT!ENJOY!ECOLOGY!

 町内の小学校との食育連携を始めるにあたって、部分的な体験ではなく、ストーリー性のある食育の必要性を感じ、テーマを考えました。食育を自分のものにするために関わるすべての人たちが楽しくなければいけない「enjoy」。食育で一番楽しいのは食べること「eat」。食も農業も環境に影響を与えていることを知る「ecology」。eを感じ、eを身につけた子どもに育って欲しい。だから「e-coを育てよう」にしました。

●畑から食卓までの食育

 まず、本校の環境土木科を中心とし測量をして、作業しやすい畑を作り、自分たちの畑という自覚を強めるために看板も作りました。次に生物生産科を中心に栽培です。麦踏みへの興味が高く、子ども達は音楽の時間に「麦踏みの歌」を勉強していました。そして食品科学科を中心に、地産地消やフードマイレージなど農業と環境が密接に関わっていることを勉強しました。アンケートによると、小麦のことがよくわかったと、家に帰って自慢げに話した児童も多かったようです。

●山口県版食事バランスガイド作成へ

 小学生とその保護者を対象に、アンケートを実施した結果、家庭での食に関する会話が増えたり、買い物の仕方や食べ物の趣味が変わったり、産地や旬にこだわったりするようになったようです。そこで小学校の総合的な学習で郷土料理について勉強していることから、より食と農と地域を結びつけることを目的に、山口県版食事バランスガイドを作ることにしました。9月より作成に取りかかります。