Home > 2007 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食生活改善分野

腹話術人形チーちゃんの食生活 〜笑いとブーイングの巻〜

笛木京子

(群馬県前橋市)
 

●チーちゃんは夜更かし、朝食抜き、野菜嫌いの超偏食児

 腹話術人形チーちゃんと一緒に「楽しい食育と環境教育活動」をしています。チーちゃんは夜更かし、朝食抜き、野菜嫌いで常習便秘の5歳の女の子という設定。参加した子ども達は、「こんなひどい子は、見たことも、聞いたこともない」と爆笑と特大ブーイング。そして、「野菜を食べろ!」「早く寝て、朝ごはんを食べろ!」と、全員が人形に基本的な生活習慣を指摘し、指導を始めます。

●食育と環境活動もスタート

 平成12年からは、栄養素の食材をパネルシアターで作り、消化器官は市販の食育エプロンを購入し、「食育と環境活動」をスタートしました。また、平成15年には、群馬県食育推進サポーター制度が始まったことが追い風になりましたので、環境教育ワークショップの手法を使い、日本の食糧自給率の低下問題や地産地消、エコクッキングの大切さも同時に訴えています。