Home > 2007 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

教育分野

「楽しく食べる10年計画」食べ物を選んで作れる自分になろう
〜小学3、4年の継続した食育〜

福岡市立下山門小学校

(福岡県福岡市)
 

●生ゴミリサイクルで野菜をつくる

小3の子ども達が、10年後に食の自立ができるように…。給食から出る生ゴミを学級園で堆肥化。そこで作った野菜、冬は大根やかぶ、夏はきゅうり、ゴーヤ、トマト、なすなどを家庭に持ち帰り、料理をして食べました。子ども達は葉っぱを見ただけで野菜の種類がわかるようになり、毎日出される食べ残しを見て、最初は「汚い」「臭い」といっていたのに、「何でこんなに残すんだろうね」「もったいないね」と言うようになりました。

●お弁当の日

 4年生の4月からお弁当作りに取り組みました。最初の歓迎遠足を「お弁当の日」に設定し、コースを4つ設定。ご飯以外のおかずをすべて自分で作る「完璧コース」、親と一緒に作る「おすすめコース」、お弁当を作るためのお手伝いをして、できればおにぎりを結んでくる「ベーシックコース」、作れなかったら作ってくれた人に感謝してくる「エンタコース」です。当日は、90%を超える子ども達が完璧コースとおすすめコースに取り組みました。(写真:お弁当の日)