【「表彰式・ステージ発表会」に戻る】

1 農林水産大臣賞 <食品産業分野> あいち食育サポート企業団

みんなで「おいしく」「たのしく」バランス良い食事 
〜あいちの食材・食文化を活用した食育活動〜

発表者:小池くるみ さん

■8社が集まった企業団

 本日はこのようにすばらしい賞を、企業団としていただきまして、しごく光栄の至りです。つたない発表ではございますが、皆さまの活動の一助となればと思い、これから紹介させていただきます。よろしくお願いいたします。

 まず、私ども企業団の概要に関してお話させていただきます。平成19年10月、愛知県発祥の食品関連企業8社が集まり、設立しました。これまでも、それぞれの会社で食育活動はしておりましたが、何かもっとお互いをサポートしあいながら、県民の皆さまへお役に立てることがないだろうかと考え、8社が自発的に発団いたしました。その後、愛知県の神田知事へご挨拶に伺った10月22日を発団日といたしました。
 イチビキ株式会社、カゴメ株式会社、カネハツ食品株式会社、敷島製パン株式会社、株式会社ポッカコーポレーション、マルサンアイ株式会社、株式会社ミツカン、ユニー株式会社、以上8社で結成しております。

■共同で活動するには何ができる?

 結成後、各企業で担当者を決め、「では、どのような活動が私たちに、共同でできるだろうか?」とミーティングをいたしました。
 企業団として、行政・関係団体・他業種の方々とのコラボレーションができないかと考えました。
 また目的・ターゲットをメンバーで共有化するために、明確に設定をしました。食育には、非常に興味のある方、関心のある方、あまり関心をお持ちでない方がいらっしゃいます。私どもがそれぞれの方に店頭でアプローチをし、「ボトム・アップ=きっかけづくり」をするのが、この企業団の役割ではないかと考え、スーパーマーケットなど店舗の店頭でのアプローチを基本に考えていきました。またその中でもさらに力を入れる層として、小学生以下のお子さまのいるファミリー層、親子体験型の店頭イベントを中心に活動しようと決定しました。
 また愛知県の、尾張地区、三河地区、名古屋市の三地区それぞれの地区に一店舗ずつ、モデル店舗を設定し、毎月第三日曜日(国でも「家庭の日」と決まっております)を、私ども企業団の店頭での活動日にしようと決めました。

■3つの活動テーマ

 次に活動テーマですが、愛知県の食育推進方針とも合わせて考え「みんなでごはん」「朝ごはんを食べよう」「バランス良く食べよう」の3点を、テーマとして決定しました。

 「みんなでごはん」というのは、「共食」すなわち親子、お友だち、知り合いの方など、みんなで食卓を囲むこと・みんなで食べること・みんなで作ること、すべてを網羅して「みんなでごはん」と掲げております。
 イベントの内容としては、ホットプレートや鍋料理など、みんなでいっしょに作って食べるものを中心に考えて実施をしております。

 次に、「朝ごはんを食べよう」ですが、朝ごはんのすばらしさ、大切さは皆さんわかっているものの、まだまだ欠食されるお子さん、もちろん親御さんも多いということで、愛知県の方針に則り、朝ごはんの大切さ、すばらしさ、そして簡単朝ごはん、もしくはお休みの日に皆さんいっしょにとる朝ごはんを啓蒙しようとはじめました。

 3つめの、「バランス良く食べよう」とは、いろいろな食材をバランス良く食べていただくこと、そして「食事バランスガイド」の啓蒙も一つの柱にしております。

 以上3つのテーマを決め、それを実現するようなイベントを参加各社が月1回ずつ、第三日曜日に実施すること、いろいろな企業が参加するからこそできるイベントを、県域型で参加することを目標としました。

■企業の特性を活かしたイベントを開催

 店頭イベントの実施は昨年(2008年)4月から活動を開始いたしました。それぞれの企業で得意なテーマや、実施に適した時期を考慮し、年間計画を立てました。

●4月:敷島製パン「親子パンメニュー教室」
 4月はスタートの時期ということで、朝食をテーマに敷島製パンで「親子パンメニュー教室」を実施しました。 お子さんもいっしょにできるような、簡単でクルクルとロールに巻いて食べるサンドイッチを作る教室と、メニューレシピを配布しました。
 参加されない方にも簡単でおいしいパンメニューの試食や、レシピ配布を実施しました。

●5月:カゴメ株式会社「家族でつくろうプレート料理」
 5月は、カゴメ株式会社が実施いたしました。こちらはホットプレートで焼くパンケーキに、いろいろなものをクルクル巻いて食べると、食事のバランスもよくなりますよということ、パンケーキに野菜ジュースを加えて野菜摂取を促す提案をしました。それ以外にも三つの赤・黄・緑の食品群の分類がわかるようなクイズも実施いたしました。

●6月:8社合同「食育月間」
 6月は、皆さんご存じのように食育月間です。8社全社が参加するイベントを実施いたしました。8社の商品を使ったメニューを、全社参加で考案し、店頭で親子の方に作っていただきました。一例ですが、ミソにケチャップを入れた「ミソケチャップ」、お酢に野菜ジュースを入れたドリンクなど、非常に好評いただき、それ以降も試飲などに使っております。
 また、愛知県産の食材を活用した「地産地消レシピコンテスト」を実施いたしました。ユニーの店頭で配布しておりますフリーペーパーと協力して行い、募集も発表もフリーペーパーを活用して行いました。たいへん多くの方にご参加いただき、愛知県産のイチジクと豚肉を使った「豚ジクフリッター」は、愛知県賞で一番になりました。

●7月:株式会社ポッカコーポレーション「れもんいきいき食育教室」
 7月は夏バテの時期ということで、クエン酸効果を紹介する株式会社ポッカコーポレーションの「れもんいきいき食育教室」を実施しました。自社製品の良いところも含めご理解いただくことも食育活動の一環ということで、自社商品のレモンに含まれるクエン酸をカルシウムと一緒に摂取すると吸収がよくなることをわかっていただく内容といたしました。

●9月:イチビキ株式会社「親子で楽しく体験!味噌作り教室」
 9月は和食の時期ということで、イチビキ株式会社「親子で楽しく体験!味噌作り教室」を実施いたしました。生の大豆から仕込むのはかなり大変ですので、蒸し大豆を使いました。
 それでも潰すのはかなり大変だということを実感いただきながら、親子で味噌の仕込み体験をしていただきました。そして、大豆に関するクイズ等を実施いたしました。

●10月:マルサンアイ株式会社「親子DE豆乳クッキング!」
 10月はマルサンアイ株式会社です。10月12日が「豆乳の日」ですので、豆乳の良さ、すばらしさ、そして大豆の良さを知って頂くイベントをしました。
 豆乳をつかった簡単クッキングということで、ホットプレートで作る蒸しケーキを作り、食べていただきました。「豆乳が苦手」という方もいらっしゃいますが、食べやすいレシピをご紹介しました。

●11月:カネハツ食品株式会社「親子で作ろう!栗きんとん」
 栗きんとんを店頭で作りました。12月を控えてお節のいわれ等の説明やクイズを実施し、日本の伝統的な食文化をよく理解していただく内容にいたしました。

●1月:株式会社ミツカン「節分巻き寿司クッキング」
 1月は、2月の節分を控え、ぜひご自宅でまるかじり恵方巻を作っていただこうと、株式会社ミツカン「節分巻き寿司クッキング」を実施いたしました。節分のいわれや大豆の良さ、また豆つながりで納豆の良さをクイズもまじえ紹介しました。

●毎月開催:ユニー株式会社「栄養士によるミニイベント」
 ユニー株式会社は、毎週行っている調理提案コーナーに、モデル店舗ではイベントコーナーを併設しました。栄養相談に加えて、お豆をつまんで運ぶゲーム、「お野菜を350グラムはかってみよう」ゲームを実施しました。4月から毎月おこなっております。


■愛知県のイベントにも参加

 10月には、「あいち食育いきいきシンポジウム」に参加しました。パネルディスカッションに加え、「おいしい音だね」という企業団のイメージソングを紹介し、それを幼稚園の皆さんに踊っていただきました。

 11月は「ふるさと農林水産フェア」に参加しました。会場では、今まで培ってきたノウハウで、各社いろいろなクイズなど、皆さんにご披露しながら愛知県産の食材や地元の伝統食の継承について、啓蒙活動をしました。

 以上、具体例を紹介させていただきましたが、私どもはこの活動をはじめるまで、すべての会社がイベント開催のノウハウをもっていたわけではございません。
 しかし実施する中で、親子で参加型のイベントに加え、気軽に参加できるゲームやクイズなども付加しよう、試食や試飲もして食べ方をわかっていただこうなど、アイデアを少しずつ付け加えて今年1年進めてまいりました。


■これからの活動

 これからの活動としましては、現状3店舗で実施しているモデル店舗を、拡大していきたいと考えています。また現状のイベントを定例化し、さらにブラッシュアップし、楽しんでいただけるものにしていきたいと考えています。

 また新たな協働への取り組みとして、現状は食品関連企業のみの取り組みですが、他業種の方との協業の取り組みを検討しております。食育活動を継続するという意味で、各社の企業風土にしていただく仕組みづくりをしていきたいと考えております。

 民間企業が集まっていっしょに活動していくむずかしさはありますが、地域に根付く活動にしていくためには、やはり企業の営業活動に添ったかたちで実施することが、継続のポイントだと考えております。
 これからも企業団として、地域の皆さまの健康なからだ、豊かなこころづくりのために、行政や他業種の方々と協力しながら、より一層励んでまいりたいと思います。今回の賞に恥じないよう、これからもがんばっていきたいと思います。ご静聴ありがとうございました。


(要約文責:地域に根ざした食育推進協議会 事務局)


【「表彰式・ステージ発表会」に戻る】