Home > 2008 結果・事例紹介

--優秀賞 農林水産省消費・安全局長賞--

食生活改善分野

単身赴任お父さんの料理教室
〜「食べる」ふれあい毎月開催〜

お父さんの料理教室

(島根県川本町)
料理教室は基本活動!
魚をさばく
料理サミットにて

●きっかけは単身赴任お父さんの食生活改善

 単身赴任者の多い町で、偏りがちな食生活の改善と地元住民との交流の場として、昭和62年より料理教室をはじめました。毎月開催の料理教室では、管理栄養士の指導のもと、手軽にできる料理や酒の肴などに挑戦。赴任するまで台所に全く立ったことのなかった“お父さん”達が、職域を越え、地域の“お父さん”や住民と共に料理の楽しさに目覚め、また、親睦を深めています。

●赴任先の地元食材を使って

 教室では、ご飯の炊き方から肉じゃがなど家庭料理の基本をおさえながら、毎回、できるだけ地元の旬の食材を使い、郷土料理も取り入れる工夫をしてきました。川本町を流れる江の川では、鮎、ツガニ、うなぎなどに恵まれ、また、鴨や筍、キャベツ、エゴマ、しいたけ、柚子など豊富な地元の食材が、「カンタンおいしいオヤジの味」の幅を広げています。

●料理教室から地域交流、地域貢献へ

 毎月の料理教室を基本活動に、食に関するイベントや保育所での定期的なボランティア活動など、地域交流、地域貢献へ活動が発展しています。阪神淡路大震災での炊出しボランティア経験で、「食べる」ことは人間関係の基本であると痛感しました。この体験をふまえて、ふれあいを広げることを目的に企画した「料理サミット」は、2008年で12回目の開催を迎えました。また、教室開講20周年目にレシピ本を発刊。メンバー有志で土・日に食堂も開店しています。転勤等で卒業した元メンバーとは毎年の記念植樹で絆を深め、活動・人の環が着実に広がっています。