Home > 2008 結果・事例紹介

--優良賞 地域に根ざした食育推進協議会会長賞--

農林漁業分野

四つの「なかよし」で、生きる力を育もう!
〜親子・自然・高齢世代・まちとむら〜

なよし(名賀)農業小学校

(島根県津和野町)
家族ごとに区画設定。手のかけ方でイネの生育が変わります
収穫したらその場で調理。母さんはハラハラドキドキ?
鯉のぼりは開校日の印。農業小学校は開校10周年を迎えました

●「親子で」「自然と」なかよしになるために

  • 親が汗する姿を身近に感じながら、親子でひとつのものをつくり上げることや他の家族と協労する農業・農村体験の時間と場所を提供します。
  • 山、川、田、畑の全てを教室として活用。四季折々の体験プログラムを作成し、人と自然の関わりから命の尊さや環境を守る意識を醸成します。

●「世代をこえて」「まちとむらが」なかよしになるために

  • 地域の自然や文化を愛し受け継いできたお年寄りたちが先生です。地域独自の生活の知恵や技、郷土料理や工芸、伝統文化を伝承します。
  • 都市部の家族と地元の人との交流から、相互理解・信頼関係を育てます。地域の自然と風土と文化を味わって、ともに名賀を愛する仲間になってほしいのです。

●農村の魅力を未来に引き継ぐ農業小学校

 中山間地域に受け継がれてきた里山・農地・川、そこに住む人々の魅力を活かそう。自然の中で遊ぶ楽しさ・安らぎを体感し、種まきから収穫、調理して食べるという一連の体験を提供して、命をいただいて生きていることに気付き、自然や環境を守り育む心を持つ都市部の子どもたちや親を育てよう。「なよし農業小学校」の活動は、農業・農村の持つ役割を理解する人々を育て、地域の活性化にも貢献しています。