Home > 2008 結果・事例紹介

--優良賞 地域に根ざした食育推進協議会会長賞--

食育ネットワーク分野

食を通じて、人、地域、農林漁業、食品産業を元気に
〜ゆるやかにつながるネットワークづくりとワクワクスパイラル〜

食育ネット

(大分県大分市)
味噌製造業のメンバーの加工所では、恒例の味噌造り体験
お宝再発見!地元料理大集合!
雇用促進大作戦より「名水料理研究会開発の竹皮弁当」

●多彩な業種のメンバーが集うネットワーク

 大分県内外で活動している食育ネットは「ワクワクスパイラル」、即ち自分たちが楽しみ、その楽しみの輪を広げることで多くの人や地域を巻き込み、食育のうねりを作ろうというスタイルです。 メンバーは、獣医師、管理栄養士、アーティスト、料理研究家、調理師、ガーデニングデザイナー、保健師、食品営業者、農業者、漁業者、ジャーナリスト、武道家、大分県食育コーディネーターなど多種多彩。食・人・環境・自然という地域資源の活用に取り組んでいます。

●食文化を楽しむ教室・企画をつくる

 竹田市・佐伯市での味噌造り体験や、県内外で郷土おやつ(じりやき)、甘酒、味噌玉(江戸時代のインスタントみそ汁)つくり体験教室を開催。小学校では食育講座、食育劇の上演。また、臼杵市のみそ汁コンテストとシンポ、大分市の「値札のない商店街と家庭料理大集合!」では日本型食生活の再評価を。竹田市では昔の竹田神原祝言を復活させ伝統の食文化と風習の魅力を再現するなど食育事業を主催・共催しています。

●竹田市食育ツーリズム雇用創出大作戦

 この作戦では、ツーリズム関係8、食育(食づくり)関係12、合計20の研究会が様々な商品やサービス開発を進めており、平成22年3月までに約200名の雇用を生み出すことを目標にしています。食育ネットは食づくりの研究会のサポート役です。竹田らしさの食の提供をコンセプトに、まざりっけなしの本物づくり、規格外農産物の活用、基本調味料作りなどを進めています。