Home > 2008 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食品産業分野

たべる*たいせつキッズクラブ
〜「おたよりカード」のやりとりで家庭での食育を応援〜

日本生活協同組合連合会

(東京都渋谷区)
食育活動を応援するサポーターは、月に1〜2回集まり「おたよりカード」に返信する
1回の教材セット。子ども向けレシピや活動のヒントを掲載した「ワークブック」「わくわく新聞」「ふろくシート」「おたよりカード」

●イベントに参加できない人にこそ食育の機会を

 日生協では、実施している親子料理教室や農業体験などに参加できない家庭のために、「家庭で、普段の生活の中でできる食育プログラム」を開発し、2006年から全国の生協とともにキッズクラブとして活動を始めました。教材は、春夏秋冬、年に4回送付され、家庭からは「おたよりカード」で取り組みを報告、そのカードに応援ボランティア(サポーター)が手書きで返信するという、双方向のやりとりで家庭での継続を応援します。

●家庭でできて、ワクワクする教材を

 大切にしたのは、特別な技術や道具がなくてもできる内容、家族の話題になる情報提供、気軽に継続できるプログラムの提案、関心が偏らないように様々な切り口からの情報提供、そして子どもたちの「ワクワク感」を引出す工夫です。参加者からは「(子どもたちが)旬や食材に関心をもつようになった」「買い物についてくる、親の料理を見るなど生活への関心が高まった」などの具体的な変化が報告されています。