Home > 2008 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食育ネットワーク分野

高齢者グループの農地再生・食育支援活動
〜野菜・ソバ・ムギなどを食育や福祉に活用〜

秩父市農業福祉会

(埼玉県秩父市)
子どもたちとの栽培・収穫体験の喜びは何にも変えがたい
プロの力も借りて荒れた耕作放棄地を再生

●農業は教育・福祉の宝物

 秩父市農業福祉会は、子どもたちとの農業体験から農業の楽しさと役割に確信を持ったグループが、農業に挑戦している集団や農業委員会に呼びかけ、平成16年に発足した高齢者集団です。会員は市内在住ですが農業は素人の30名、12の畑で2,300坪を耕作しています。遊休農地を借用・再生し、子ども農業体験を支援して地域社会に貢献すると同時に、農業を勉強し農業を通して健康で楽しい人生を送ろうと活動しています。

●地域に支えられ地域に貢献するネットワーク

 継続の秘訣は地域ネットワークの力です。基本をしっかり学ぶため秩父農工科学高校の協力で「野菜栽培教室」を開講、高齢者事業団のプロが重機で荒れた農地を再生、JA提供の管理機活用で重労働軽減などの支援。そして市内の保育園と提携した農業体験の実施、収穫物は神社の境内でおすそ分け、障害者福祉施設との連携でパン用小麦作りの試みと、地域貢献のネットワークが広がっています。