Home > 2009 結果・事例紹介

--優秀賞 農林水産省 消費・安全局長賞--

食農体験学習分野

大地の恵み “福浦 食の楽校”
〜子どもに育つ郷土愛・深まる世代間交流〜

南相馬市立福浦小学校

(福島県南相馬市)

キュウリもお米も豊作に感謝
保護者も参加して、郷土食「花ずし」つくり
子どもがホストの「うめぇものまつり」

●食育を「学校経営グランドデザイン」に

 「本校では、食育を学校経営グランドデザインに位置づけ、子どもたち・保護者を対象に、地域の生産者や食育関係機関と連携して、さまざまな体験・交流等を行なう「大地の恵み “福浦 食の楽校”」を進めています。その中心となる活動は、自然のめぐみを実感し感謝の心を育む「食農体験」。子ども、保護者(父母、祖父母)が水田や畑をフィールドとし、体験交流(世代間交流)をしています。栽培は、学年に応じてイネ、野菜、きのこなど、食べる楽しさにもつなげて体験を重ねています。

●「食農体験」「食文化体験」で郷土愛が育つ

 食農体験にともなって、地域の食材を活用した郷土料理などの調理体験を通して伝統的な食文化にふれることで、子ども一人一人に郷土愛が育ちます。
 本校では学年に応じたPTA行事で、地場産品を使用した「花ずし」「豆腐」つくりなどを親子で行なっています。「福浦小 食の楽校通信」が家庭にも届けられ、食に対する関心・意識の高まりが地域に広がっています。

●世代間交流「秋のうめぇものまつり」も開催

 食育で、福浦(浦ざと)地区全体が楽しく、元気に交流しよう。それが新たに始めた「浦ざと秋のうめぇものまつり」。地域の人たちも参加して、子どもたちが栽培した餅米、サツマイモ、ジャガイモで、餅つきや芋煮会、焼きイモなどを行ない、世代間交流をはかる新たな「まつり」を、本校を会場に開催しました。食育で子どもに育つ「郷土愛」が、「食の楽校」の大きな成果です。