Home > 2009 結果・事例紹介

--優良賞 地域に根ざした食育推進協議会会長賞--

食生活向上分野

食育マスコットキャラクター「かわら食人 カワラッキー」 大活躍!
〜瓦産地で食育のシンボルに〜

高浜市こども食育推進協議会

(愛知県高浜市)
カワラッキーが応援する「箸の持ち方教室」
子ども郷土料理教室「鶏めし教室」
「カワラッキー賞」を受賞した夏休みの自由研究

●幼児期から食育に親しめるマスコット

 「高浜市こども食育推進協議会」では「こども食育ガイドライン」を通して幼児期から学齢期まで継続した食育に取組んでいます。食育を単なるイベントに終わらせず、毎日の生活に根づかせるには、食育に楽しく取り組んでもらうことが一番。そこで活躍しているのが食育PRマスコットです。このマスコットは高浜市が日本一の瓦の産地であることにちなんで「かわら食人(しょくにん)カワラッキー」と名付けられました。

●子どもの98%が知る食育のシンボル

 カワラッキーは、イベントのときの着ぐるみや食育の日の登園シール、広報やお便り、保育士用エプロンなど、さまざま場面で使われています。いまではカワラッキーは市内園児の98%に知られるまでになり、高浜市の食育を連想させるシンボルとなりました。取組みの結果、箸を正しく持てる子や食事の手伝いをする子の割合も高くなり、食べものに関する会話も増えるなど、保護者の関心も高まってきました。

●食育は市民が主役!「カワラッキー賞」も

 地域での食育を支えているのが、食育ボランティアのグループ「カワラッキーフレンズ」です。会員登録した飲食店ではコラボレート商品が開発されたほか、会員の若い母親層や学生が主体となった郷土料理教室が開かれるなど、取組みも広がりをみせています。このほか、市では「カワラッキー賞」を設けて食育の取組みを表彰するなど、市民が主役の取組みを支援しています。