Home > 2009 結果・事例紹介

--優良賞 地域に根ざした食育推進協議会会長賞--

地場産物活用分野

子どもがつなぐ地産地消の輪
〜米粉活用料理・食品を、地域や学校給食へ〜

横内小学校 農業応援隊

(高知県高知市)
米粉パンは毎月1回、給食に登場
農産物の販売価格は農家と相談して決めた
米粉メニューは地元パン屋さんの協力でできあがった

●開発した米粉パンが市内小中学校の給食に

 横内小学校の5年生は、自分たちで作った新米を米粉にして料理や食品づくりに挑戦。さらに6年生は「地産地消給食」のメニューや米粉を使った簡単夕食メニューを作りました。もとは、「米粉を使えば、米の需要が増え、食料自給率も上がるのではないか」という意識から始まった取組み。毎年新たな商品を開発し、JA感謝祭や冬祭りで販売しています。こうした活動は高知市の学校給食にもつながり、地元のパン屋さんと共同開発した米粉パンが2009年度は毎月1回出されるようになりました。

●地域の人が協力して「農業応援隊」に発展

 子どもたちは地元の食材やその調理方法を調べるために街路市にでかけ、「地産地消」の大切さを実感しました。そこで、地元でとれたみかんや野菜、花をもっと自分たちの地域の人に伝えようと、農家やJA、直売所と協力して販売したのが「横内ふるさと金曜市」です。農産物の提供のほかテント設営や看板作りなど、地域の人が準備に協力し、地域の「食」のつながりは「横内小学校農業応援隊」に発展していきました。

●子どもがつなぐ地産地消

 米作りからメニューづくり、商品開発、販売に至るまで、子どもたちの活動は、地元農家や企業、JA、PTA、教育委員会、農政事務所などによる「横内小学校農業応援隊」の協力のもとに成り立っています。「地元でとれた農産物」に目を向け、共に活動することで、地域と子どもたちのきずなが深まり、地域全体が活性化しています。それはまさに「子どもがつなぐ地産地消」です。