Home > 2009 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食生活向上分野

食育の会 井戸端教室・井戸端塾 〜子育て世代のステップアップ料理サロン〜

(医)九十九会 関小児科医院

( 鹿児島県薩摩川内市)
郷土料理「灰汁巻き」作りをしながら
子ども料理教室では子ども達だけで昼食作りをします

●井戸端教室からはじまる子育て中の母親支援

 管理栄養士が核となり、子育て中の主に母親を対象に、健康に生きる基本としての食を見直し、共に学び合う場として「井戸端教室」を2004年から開催しています。おやつ作りを中心に、育児不安や悩みをかかえる母親がほっとしながら本音で話せる場として、また、継続して参加できるように、少人数制で参加やすい昼間に開き、院内の保育士と連携して託児設備も活用するなど様々な工夫もしています。

●「美味しく健康」の基礎を身につける

 継続して参加する母親達へは、受け入れ人数を多くし内容も一歩踏み込んだ実習形式の料理教室、「井戸端塾」を設けました。実習では、出汁の取り方から取った出汁を使って実際に調理し、「美味しい!」を体感。参加し続けることで出汁を「きちんととろうと思った」や、「料理の基礎がよく理解できた」など食への意識の変化や調理の基礎が身につきます。2006年からは夏休みに「子ども料理教室」を親や食べ物へ感謝の気持ちを育む場として開いています。