Home > 2009 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食農体験学習分野

畑から「育てる」「食べる」「学ぶ」都賀町るるぶプラン
〜地域に開かれた小中学校の教育ファーム授業〜

都賀町教育委員会

(栃木県都賀町)
赤津小学校では育てたジャガイモの茎で「植物の水の通り道」学習
都賀中学で育てた農産物は地域の宝となった

●育てた農産物を活かす授業づくり

 子どもたちの心に残る農業体験には、「育てる」体験とともに、育てた農産物から「学ぶ」機会を設けることが必要です。そこで都賀町では、総合的な学習の時間や中学校の技術分野「生物育成」で「育てる」農業体験を実施。収穫した農産物は、小学校では理科の実験に、中学校では家庭分野の調理実習の食材にと、授業活用を様々に工夫。そして「食べる」ことで学ぶ機会、学校給食での活用を重視しました。

●育てた農産物が動かす地産地消給食・地域ブランド商品

 都賀中学校では、体験畑一面にかぼちゃを栽培し収穫しました。都賀町給食センターでは「お兄さんお姉さんが育てたかぼちゃ入り夏野菜カレー」として、町内全小学校にも提供。栽培指導に協力した「JAしもつけ」では、かぼちゃ饅頭、カボチャパンを開発。地元中学生が育てた農産物の新加工品は、地域住民に大好評!地域ブランド商品になりました。地域での展開は、今後るるぶプランを経費面から支える仕組みとしても期待されています。