Home > 2009 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

食農体験学習分野

横須賀の海を知ろう 〜沿岸漁業者が取り組む「食育」活動〜

栗山 義幸

(神奈川県横須賀市)
わかめってこうやってできるんだ!
親子でたこ加工体験中

●わかめオーナー制度を皮切りに地場の魚食普及をめざして

 横須賀を地元とする漁業者として、年々縮小していく特産物「猿島わかめ」の消費量を何とかしたいと、平成7年より市立田戸小学校の小学生へ向けたわかめオーナー制度を開始。学校単位でわかめいかだへの種付け、刈り取り、加工を体験します。塩蔵などに加工したわかめは家に持ち帰って家族で食べ、残りは学校で給食の味噌汁にします。生わかめの色が茶褐色で驚いたこと、「猿島わかめって美味しい!」と家族みんなで食べたと話してくれました。

●干物は買わないで自分で作るよ

 現在は、わかめオーナー制度も含め年間を通した漁業体験から、地元の海や漁業、漁師の仕事について学ぶ体験学習を小・中学校と連携して実施。漁業体験には親も加わって、底引き網漁、たこ加工体験、干物づくりなど多彩。体験後は、各自すべて家へ持ち帰って家族で囲み、にぎやかな夕飯になります。取組みを続けてきたことによって、「猿島わかめ」の販売促進にもつながり、今では購買層が60代から小中学生の親の世代にまで拡大しています。