Home > 2009 結果・事例紹介

--特別賞 審査委員会奨励賞--

地場産物分野

100年後まで伝えよう!100珍料理の継承 〜食育かるたも広めよう〜

山梨学院短期大学食物栄養科依田ゼミ 郷土食班

(山梨県甲府市)

学園祭や各種コンクールで郷土食を広めた
「食育かるた」で遊ぶ園児

●郷土食レシピ集づくりから動き出した若い世代

 県内の特産品を利用した郷土食や伝承料理100種類の、いわれやレシピを学生たちがまとめた。すいとんやおざら(つけめん)をはじめ、鴨沢村に伝わる「凍(し)み芋」、「芋がら」や小麦まんじゅうから巨峰ジャムまで。郷土食は作る人も食べる人も知っている人すらも減っている、と実感した。うどんやほうとうなどのオリジナルレシピにもチャレンジ、伝統的な食文化を若い世代に広め、継承できるようにと活動を開始した。

●『郷土食100珍料理2009』をカルタにしよう!

 若い人にも受け入れられるようにとまとめたレシピのネーミングは『郷土食100珍料理2009』。さらに、より広い世代に楽しく伝わるようにと「食育かるた」を作成した。「しみいもは ほぞんしょくだ じゃがいもの」「はなだんご めぐみ けんこう いわうもの」といった声が、保育園・幼稚園の食育ボランティア活動や学園の伝承料理教室で聞こえている。