地域に根ざした食生活推進コンクール2001 【表彰事例一覧へ戻る】

地域に根ざした食生活推進委員長賞

教育分野

「昔の元気、いただきまーす!」


石臼は重いよう!
お芋さんがどんどんつながってるう!
しっかり抑えないとうまくすれないよ

大安町立丹生川小学校(三重県員弁郡大安町)

お年寄りに教えてもらう

偏食、朝食抜き、外食等々子ども達の食生活には危機感を抱いています。そんな子ども達に、昔ながらの地域で食されてきたおやつを教材にして、自分たちのおやつを見直すことをしたい。地域のお年寄りから伝統的な食べ物の作り方や健康に対する考え方を教えてもらいながら、経験や知恵のすばらしさにふれることを目指しました。

「はる、なつ、あき、ふゆ」みんなだあいすき!

1年生では、自然の中で季節を体で、心でいっぱい感じ取れる子どもにしたい。そんな願いを「はる、なつ、あき、ふゆ」みんなだあいすき!という大単元に設定しました。春はよもぎだんご、夏はいばらもち、秋は干しいもとつるし柿、冬はおはぎというように、父兄にも手伝ってもらい、作って食べる活動に取り組みました。

おばあちゃんからの便り

「いつも孫達がお世話になって、有り難うございます。今日、孫に、いばら餅の作り方を知っているかと聞かれ、なつかしさでいっぱいになりました。当地方では、田植えが終わると、村で日を決めて、一日ゆっくり休む日がありました。その日には、たいていの家で蒸し団子を作って、農繁期が終わったのを喜び休養したものです。」


→詳細テキストはこちら


←BACK  NEXT→