【2002年度 審査結果に戻る】


地域に根ざした食生活推進委員会委員長賞

農林漁業分野

「食と農を近づける郷土料理の伝承活動」


まずは若い主婦への伝承
中学生からの伝承教室
男の子も女の子もいっしょ

菊池うまかもん衆(熊本県菊池市)

菊池うまかもん80人衆

農業改良普及センターが事務局となって、食と農を近づけるための郷土料理伝承活動の担い手として組織したメンバーを「菊池うまかもん衆」と云います。発足は平成6年1月のこと。管内市町村と管内JAも参加した地域型食農応援団です。当初は管内8市町村から10人ずつ組織したために80人衆と呼びましたが、今は92人にまで増えています。菊池管内のオールスターメンバーです。

うまかもん教本2編

郷土料理のレシピをまとめた教本は、これまで2編を作成済み。レシピだけでなく、うまかもん衆の顔写真入りの応援団名簿でもあります。まとめたレシピも80品。活動スタイルは徹底した食農ボランティア。交通費以外の謝金はいっさい貰わないが、料理講習だけでは終わらない。必ず地元農業の大切さについて一言スピーチをするところが食農応援団たるゆえん。

ターゲットは小中学生

うまかもん衆は、直接の料理講習だけでなく、電話相談やテレビ、ラジオ、新聞などを通じて郷土料理の伝承をしていますが、主要な対象は小中学生への伝承活動。子ども達と一緒に料理を作ることが何よりの喜び。食べものの大切さを伝えるには必ず農のことを語らなければならない、農を語ればおいしく大切に食べることを伝えたい。子ども達との交流がうまかもん衆の一番の励みでもあります。



←BACK  NEXT→