食育のつどい >> 南国市 >> 食育出展ブース





 

 ステージ「あなたが主役 食育自慢」では、地域・世代をつなぐ「食育の環」がいきいきと紹介されました。その「食育の環」は、ステージに出演された学校や団体とともに、南国市全体の人びとが支えています。会場フロアと屋外ブースでは、そうした皆さんが活動紹介の展示、体験・試食コーナーを設け、活発に交流し、まさに「食育フェスティバル」となりました。

お母さんたちの試食コーナーでは、高知農業高校生活総合科の女子生徒が試食サービスを手伝い、会場は若さであふれました。


保育園・学校の食育展示、試食・体験

■未来を拓く学校給食コーナー  ―南国市教育委員会

学校給食の試食

 ステージ「あなたが主役 食育自慢」では、後免野田小学校の食育・食農教育を紹介しましたが、南国市全体として、棚田米の給食活用⇒地域の先生の応援で育てて食べて学ぶ学校給食⇒「食の自立」を育む食育が進んでいます。ブースでは、そんな南国市の小学校で子どもたちが食べている給食を味わってもらおうと、150食がふるまわれました。行列をつくって整理券をもらえた幸運な人たちは、トレイに地域の食の恵みと人びとの応援が詰まった料理を一つひとつ受け取って、味をかみしめました。

 献立は、棚田米のご飯、ナスととり味噌あんかけ、しいらの梅しそ揚げ、有機野菜の生野菜サラダ、牛乳、すももゼリーでした(写真)。

 パネル展示は、後免野田小学校の各学年の、地域の応援を受けての食農教育のようすが、写真などで紹介されました。

パネル展示 後免野田小学校の食農教育

■生きる力を育む保育所・保育園の食育コーナー
 ―市立保育所連合調理師会・浜改田保育園

保育所・保育園コーナーの試食サービス

 ステージ「あなたが主役 食育自慢」では、十市保育園の取組みが紹介されましたが、市内にある9つの市立保育所と6つの法人保育園で、それぞれ地域の人たちと連携した食育が行なわれています。

 展示ブースでは、市立保育所連合調理師会は、長岡台地で育った早掘りのサツマイモを使ったポテトパイのほか、あじさいゼリー、アーモンドクッキーなど、子どもが食べているおやつを試食サービス(写真)、レシピを配布し、手づくりをアピールしました。パネル展示では、節分の「おにライス」など楽しい行事食を写真で紹介。

 会場に近い法人、浜改田保育園は、離乳食・幼児食・アレルギー食を1食献立で紹介しました。離乳食は、5〜6ヶ月、7〜8ヶ月、9〜11ヶ月、1〜1.5歳と、月齢にあわせた調理法(つぶし方・切り方、大きさ、硬さなど)によって、口・歯・あごの発達を促がし、健康的な味覚を育てようとの願いと技が込められた食事です。


■命をはぐくむ高知農業高校


高知農業高校のブース展示と試食サービス

 高知農高の地域、学校と連携した活動について、ステージ「あなたが主役 食育自慢」で紹介しました。作物の栽培と家畜の飼育、林業・林産があり、生産物の加工があり、生活福祉の学習もある農業高校は、命とふれあいはぐむ地域の食農教育のセンター、世代をつなぐ「食育の環」のたいせつな役割を果たしています。

 ブースでは、農高・小学生共同開発の文旦ゼリーを1,000個、子どもたちも「僕たちがつくった文旦ゼリーです!」と呼びかけて試食サービスし(写真)、研究経過をパネル展示で紹介しました。

 生活総合科の生徒たちは、学校でとれた野菜や果物を活かして開発した加工品・料理を紹介、試食に出しました。文旦クッキー、文旦パウンドケーキ、トマト缶、バジルクッキー(写真)、ゴーヤのお好み焼きなど。ゴーヤのお好み焼きは、27回牛乳・乳製品利用料理コンクール全国大会で入賞したもの。農高から、地域産物の食の楽しみが広がっていきます。


■高知大学バイオ&アグリ・オープンスクール
 Welcome to 高(知・智・地)サイエンス ビレッジ
 ―高知大学農学部・高知県農業技術センター


高知大学農学部・高知県農業技術センターの展示、試食、体験

 高知県の自然・資源・食材にこだわり、「環食同源」の生産・生活・地域をつくろう…そんなプロジェクトが高知大学と高知県農業技術センターの共同で進んでいます。「環食同源」のこころは、食と農が地域・自然に根ざしたチャンしたものになることによってこそ、環境も守られるということ。そのような視点で県域に、産・官・学が連携して、学は小学校から大学院までつながった「サイエンス ビレッジ」をつくりだしていこうという構想もあります。

 ブースでは、壮大なプロジェクトのパネル説明とともに、共同取組みの成果として誕生した野菜品種の紹介や、低脂肪・高たんぱくの肉質が注目される土佐赤牛の試食サービスがありました。また、微生物まで含めた地域資源を活用する、さまざまな研究・実験成果の紹介、試食、体験が行なわれした。納豆菌の研究、地域の牛乳と海洋深層水を使ったバター、県内の植物から採取した酵母でつくるパン(写真)、黒酵母を使ったバイオマスのしくみと水質浄化体験、伝統の食べもの「雑魚」のワニエソを使った伝統食品のカマボコづくり(写真)など、…食農と環境がつながった味、体験を多くの来場者が楽しみました。


■ふるさとの食育発信! ―食育フェア実行委員会(本部)

 「南国市食育推進計画」がパネルなどで紹介され、また来場者に「食育のつどい」をじゅうぶんに楽しんでいただくため、運営本部によるお米の重量当てクイズが行なわれました。健康的な食習慣、バランスのとれた食事は、食育のたいせつな目的。メタボリックシンドロームの診断と啓発が行なわれました。