恵庭の「食」には、ふるくから人びとが培った「むらの宝」、新しい町づくりを進める人びとの取組む「まちの宝」があります。そして いま、「むらの宝」と「まちの宝が出会い働きかけあうときを迎えました。
 管理栄養士をめざす学生と食・農を学ぶ子どもたちとの食育教室、地域の農産物と結びつく学校給食、 農家の作物・家畜へのまなざしと子どもたちとの出会い、などなど教えあい・伝えあう多彩な「食育の場」が育っています。その「食育の場」のシンボ ルが恵庭特産の「かぼちゃ」です。ひとつの野菜・食材にすぎないかぼちゃが、育てること、料理し食べることから、もてなすこと、歴史や暮らしを学ぶことまで広が る、豊かなメッセージを秘めた教材、恵庭の人と人をつなぐ「恵庭の宝」となっていました。
 初秋の明るい日ざしのもと、かぼちゃ料理を味わいながら、かぼちゃを通じて、恵庭の食を再発見!この地で暮らす楽しみをみんなで育てよう!と「恵庭のひとをつなぐ食育のつどい」は開催されました。
(取材・文責:農文協 記録撮影:倉持正実)


 

地元出演者の皆さんと本多京子さん、宮川泰夫アナ
 
か・ぼ・ち・や でつながる「恵庭の食育」


 



 
チラシ画像をクリックするとPDFがダウンロードできます

「食育のつどい」は、開催地市町村、NHKエデュケーショナル農文協 の共催で運営されています。
2007 Rural Culture Association (c) All Rights Reserved