食育のつどい >> 飯田市 >> 食育出展ブース





 

長野農政事務所、農文協のブース

◆楽しんで、食事バランスガイド…関東農政局長野農政事務所

長野農政事務所のブース 食事バランスガイドのコリントゲームの用紙
(写真をクリックすると大きな画像で見られます)

「ゲームDE食事バランスガイド」 
  長野農政事務所オリジナルのコリントゲームにアレンジした食事バランスガイドゲームを楽しんでもらいました。
  ゲーム盤には主食・副菜・主菜・乳製品・果物の的があり、ここに玉が入ると得点「1つ」です。ゲーム用紙(写真)はあらかじめ、朝食・昼食分の「つ」が埋められており、ここでは夕食の分を入れて完成してもらいます。球を弾く度に歓声が上がりますが、ねらったところに入らず、きれいなコマを完成させるのはなかなか難しい。
  でも、ごはんを中心にいろいろな食品を食べてバランスよい食生活をすることの大切さと、食事バランスガイドの活用の意味を実感してもらいました。

「さわって&たべて 当てよう!なぞのたべものBOX」 
 
触感や味だけで食べもの名をあてるクイズに挑戦してもらいました。さわっただけでは、リンゴと梨のちがい、ブロッコリーとカリフラワーのちがいなど、意外と分らないものです。
  また、生の大根と人参を食べて「これ、何の味だったっけ?」と首をかしげる人もおり、栄養バランスからもたくさん食べてもらいたい野菜やくだものに、より興味を持ってもらいました。

◆麦わらの指輪、ブレスレットづくり・・・農文協

農文協のブース、麦わらクラフト

 食べることからさらに広げて、稲や麦のいのちを丸ごとたのしむ暮らしの文化を体験してもらう企画です。

 今回は麦わらで指輪づくり。わらを編んだ輪にキラリと光るシールを貼って、魅力的な指輪にしました。小学校低学年や幼稚園年長さんがたくさん体験。

 麦稈を1〜2センチに切り、穴に糸を通し、所々に小さなリンゴの型抜きをした色つき画用紙を入れたブレスレットも作りました。指輪が編めない小さな子や、男の子に人気のクラフトです。