食育のつどい >> 小浜市 >> ご存じですか? 食事バランスガイド






 

食事バランスガイド解説

指導・解説 本多京子さん

本多京子さんによる「食事バランスガイド」の説明

 厚生労働省と農林水産省で決定した「食事バランスガイド」は、健康にとって望ましい食事のために、1日に何をどれだけ食べたらよいかを、コマのイラストで示しています。本多京子さんのコマの説明です。
○一番上の段が体を動かす源になる主食。ご飯小盛り1杯が1つ、おにぎりはコンビニで売っている大きさのもの1個が1つというように数えます。

○次は副菜。今では豊かな食の時代になって、野菜・いも・きのこなど副菜をしっかりとることがたいせつなので、主菜よりも上の2段目にきています。小鉢1個分を1つと数えます。

○その次が主菜。ふつう、今日は肉にする?魚にする?と献立を考える中心となるたんぱく質食品のことですが、これは3番目です。卵1個は1つ、焼き魚は2つ、ハンバーグなどの肉料理は3つというように数えます。

○一番下の左は牛乳・乳製品で、コップ半分が1つ、右は果物で女性のごぎりこぶしの大きさが1つです。

○イラストの中心にある筒は、コマをまわす芯で、水のことです。

○左にあるこまをまわす回すヒモは、お菓子や嗜好飲料などお楽しみ食品です。

○忘れてならないのが適度の運動。コマの上で走ってますね。コマをキチンとまわすには適度な運動も必要です。

○ 食事バランスガイドでは、それぞれの人の性別、年齢、運動量にあった摂取エネルギー(kcal)と、それをバランスよく摂るための主食、副菜、主菜、牛 乳・乳製品、果物の適量がおおまかに示されます。その適量と、自分の1日の食事内容を比べて、食事バランスのチェックをすることができます。


「食事バランスガイド」のコマのイラスト

個人ごとに適量のチェック (「食事バランスガイドを使ってみよう!」より)
写真をクリックすると大きな画像で見られます

実際の食事で数えてみると

 応援ゲストのテツandトモさんにステージに登場していただき、テツさんの「適量チェック」をし、1日の食事例について食事バランスのチェックをしました。本多さんのガイドで、朝・昼・晩の「つ」(食事の供給量の単位、SV)をカウントして、ステージに置かれたコマのイラストのマス目を埋めてきます。

テツさんの食事バランスを診断する


<テツさんの場合>
摂取エネルギー 37歳、男性、活動量多い⇒2600±200kcal
適量のSV数 主食7〜8つ、副菜:6〜7つ、主菜:4〜6つ、牛乳・乳製品2〜3つ、果物:2〜3つ
◆朝食
  • パン(大):主食2つ
  • 牛乳:牛乳・乳製品2つ
  • りんご・柿・キウイ・みかん:果物3つ
◆昼食
  • ご飯(どんぶり):主食2つ
  • 鶏の唐揚げ:主菜3つ
  • 切り干し大根の煮物:副菜1つ
  • 味噌汁:カウントなし
  • キャベツ:カウントなし
◆夕食
  • ご飯(茶わんに1杯):主食1.5つ
  • 里芋といかの煮つけ:副菜1つ、主菜1つ
  • ぶり大根:副菜1つ、主菜1つ
  • ひじきの煮物:副菜1つ
  • かぼちゃの煮物:副菜2つ
  • 煮豆:副菜1つ
  • 水炊き(椎茸・白菜・しらたき・豚肉・豆腐など):副菜1つ、主菜1つ
  • ぶりの照り焼き:主菜2つ
合計摂取量

主食5.5つ、副菜8つ、主菜8つ、牛乳・乳製2つ、果物3つ

適量との差 主食:不足、副菜:やや多、主菜:過剰、牛乳・乳製品:適量、果物:適量
本多さんからのアドバイス

適量からバランスよくチョッとはみ出すのはいいけど、このばあい、主菜が多すぎで、いちばん大事な主食が不足しています。主菜つまりたんぱく質食品のグループが多すぎると、肝臓や腎臓に負担がかるので減らし気味に。替わりに、主食とくにご飯をしっかり食べるようにして下さい。また、副菜については、煮物・酢の物・おひたしなど、料理法をいろいろ組み合わせるとバランスがとりやすくなります。


本多京子さん(ほんだきょうこ)
管理栄養士。医学博士。実践女子大学家政学部食物学科卒業後、東京医科大学で医学博士号取得。現在、日本体育大学女子短期大学講師。医学・栄養学の知識に基づいた、わかりやすい話と、おいしい料理を紹介している。本多ダイエットリサーチ主宰。