地域がつながる、世代がつながる「食の学びネットワーク」

 「いのちとみどりを守るネットワークづくり」をテーマに、保健分野と農業分野を中心に行政機関、団体から、学校、飲食店まで多くの人が参加し、連携した活動を展開する「食ネット鳥栖」。それぞれの「得意」を持ち寄り活かしあうスクラムの活動から、先人たちが育んだ鳥栖地域の食文化が、多世代交流を通じて子どもたちや消費者に伝わっていきます。また、伝統の米・麦・大豆食の多彩さに加え、新しい野菜の利用も含めて地産地消をもっと豊かに楽しむ料理と食卓が生み出され、小学校での「野菜の残食ゼロ」というように、健康的な食生活・食習慣を支える心と技が学校や地域に広がっていきます。
 輸入食品の安全性への不安からの国産・地場産への期待が広がる時代です。「とす地域 食育のつどい」は、安全・安心はもちろんのこと、地域の農と食の豊かさを皆で楽しみながら、健康的で、次代に受けつがれる持続的な「鳥栖地域の食のスタイル」のたいせつさを再確認し、共有する場になりました。

(取材・文責:農文協 記録撮影:倉持正実)


 

地元出演者の皆さんと本多京子さん、宮川泰夫アナ

スクラム組めばみんな健康(ハッピー)!のパネル


 



 
チラシ画像をクリックするとPDFがダウンロードできます

「食育のつどい」は、開催地市町村、NHKエデュケーショナル農文協 の共催で運営されています。
2008 Rural Culture Association (c) All Rights Reserved