阿見町は茨城県の南部に位置し、土浦市や筑波研究学園都市に隣接しています。日本第2の湖「霞ヶ浦」に面し、れんこん栽培をはじめとする農業が盛ん。茨城大学農学部と地元農家との協力で始まったヤーコン栽培も注目されています。自然が豊かでありながら首都圏へのアクセスがよいことから、近年急速に人口の増加が進み、近い将来5万人を超えると予想されています。
今回のフェアは阿見町合併50周年・茨城県立医療大学10周年を記念して開催されました。

阿見町の食卓で見つけた
食生活指針のキーワード
主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

  • たけのこの胸騒ぎ
  • 黄門様のおやき
  • 鶏肉のピーナッツからめ
  • れんこんのかばやき
  • れんこんのおかか煮とサラダ
  • ヤーコンの味噌漬・ヤーコンジュース

    繊維たっぷりで美容効果満点。
    ぜひ一度つくって、覚えてほしい料理です。
  •  


    管理栄養士の本多京子先生、テツandトモさんと阿見町のみなさん

      春をつげるたけのこごはんは主食、学校給食で一番人気の鶏肉のピーナッツからめは主菜、れんこんやヤーコンの料理は副菜・・・。
     阿見町のみなさんが普段食べている自慢料理を持ち寄って、そのなかからテツandトモさんに今晩の食卓を考えてもらいました。主食・主菜・副菜をバランスよく選ぶことができるかな。みなさんもどれが主食で、主菜で、副菜なのか、考えてみてください。

    取材・文責:農文協
    記録撮影:倉持正実


    会場のようす。石臼で小麦粉をつくる「食文化体験コーナー」など
    食と健康に関するお医者さんやタレントさんのお話など
     
    主催団体、後援団体など、開催概要をPDFファイルでご覧になれます