NHK健康フェア >> 丸岡町 >> ふるさとの味 >> みがきニシンのしょうが煮





 

みがきニシンのしょうが煮

中央が調理をしてくださった大谷美子さん。生でもいけるかなと、かじってみるテツさんと平野レミさん

 江戸時代、北海道から北前船で運んだ時代から、みがき(身欠き)ニシンは福井の人たちにとって貴重な蛋白源でした。ニシン単独の煮物だけでなく、野菜やいも類との煮物にも愛用されていました。

 煮物にする際は、くさみをとり、おいしく仕上げるために、酒に浸して戻したり、しょうがを使ったりと、いろいろな工夫をします。家ごとの独自の味付けで、食卓にあがります。