NHK健康フェア >> 袋井市 >> ふるさとの味>> はちこうの煮物





 

はちこうの煮物


はちこうと野菜の煮物

保存しておいたはちこう
「たけのこが一番おいしい」と話す八樹さんのお孫さん

初夏の嬉しい野菜料理

 「はちこう」といっても犬のことではありません。5月下旬頃に採れる破竹のたけのこのことです。

 「はちこう」の季節はちょうど畑で初物野菜が採れ出す時期。グリーンピースもあります。これらをたけのこがひき立て、いっしょに楽しむ嬉しい料理が、この、はちこうの煮物なのです。

 ステージでは「しょっぱすぎず味が良くしみて、やわらかくてシャキシャキ」とテツandトモに好評。出演者八樹さんの幼いお孫さんの「たけのこがいちばんおいしい」という言葉に、「こういう煮もの料理を伝えていきたいですよね」と本多先生もにっこりしておられました。

たくさんとれる「はちこう」の保存法

はちこう採り

 ふつうはたけのこといえば孟宗竹ですが、袋井で本当に美味しいのは、その後5月下旬に出る「はちこう」と、さらにその後の真竹です。竹林の手入れをしているからこそ、おいしいいろんな種類のたけのこが食べられるのですね。

 新鮮なものはアクが少ないので、煮付けのほか、茹でて醤油味でもいいし、バター炒めもおいしいそうです。さらに長く食べつなぐためにはオカラで塩漬けして夏まで、さらには砂糖をまぶして冷凍して正月までもたせることができます。

  • はちこう
  • じゃがいも
  • にんじん
  • あらめ
  • 油揚げ
  • グリーンピース
    1. あらめは水に戻しておき、グリーンピースは茹でておく。
    2. 鍋に酒・みりん・醤油・砂糖・だし汁(昆布と鰹節だし)を煮立てて、はちこう、じゃがいも、にんじん、油揚げを入れて煮る。
    3. あらめを加えてサッと煮る。最後にグリーンピースを散らす。