NHK健康フェア >> 岩沼市 >> ふるさとの味 >> はらこ飯とあら汁






 

はらこ飯
あら汁


はらこ飯とあら汁
はらこ飯は切り身を上にのせるタイプ

岩沼市食生活改善推進員協議会 会長の小関寛子さんと、小貫英子さん、高橋裕子さん

はらこ飯 家によって身を混ぜ込むタイプもある

はらこはメスのものだけど、切り身はオスのものがおいしい!?

 新米の収穫時期にピッタリあうようにやってくる鮭。その卵(はらこ)と切り身をたっぷり使うのが「はらこ飯」。土地の人びとは、阿武隈川河口あたりでとれる鮭が、卵に味がのり食感も最高で、はらこ飯にピッタリになると味にこだわりを持っています。はらこは当然雌だが、切り身は雄のほうがいいという人まで。

 いくら丼は上に乗せるいくらが主役の感じですが、はらこ飯は、鮭の煮汁がご飯をおいしくして、どちらも主役。かみしめるほどに、はらこと切り身とご飯のおいしさがミックスされた深い味を楽しめます。

 ステージでもさっそく2軒のお宅の「はらこ飯」を試食。作り方、盛り付け方など、家によってこだわりのやり方があるんですね。はらこと切り身できれいに飾られたご飯に「まるで宝石箱のよう」とテツさん、「ごはんに鮭のだしがよくしみ込んでおいしい」とトモさん。本多先生から、「鮭の切り身やはらこのピンク色は抗酸化物質を含んでいます。旬のおいしさの中には、お米にそういう効果を取り込む知恵も込められています」とのコメントも。

季節の恵みのおすそわけ、みんなで楽しむ

 阿武隈川での鮭漁の中心は対岸河口の荒浜(亘理町)。昔から荒浜漁村と岩沼農村は、阿武隈川をはさんで交流が厚く、秋には荒浜から岩沼の親戚・知人に鮭が届き、もらった人はさらに親戚・知人に分けてあげていたといいます。お返しには、岩沼の豊富な秋野菜と、栗ご飯、海岸松林に生える貴重なきのこ「きんたけご飯」などが荒浜へ。こうしたプレゼントの交流を通じて、お互いに、秋を祝い楽しむ食卓がより豊かになっていきます。

ゆったりと海へ向かう阿武隈川

新鮮な鮭とはらこ


  • 鮭(切り身、はらこ)
  • 調味料(醤油、酒、砂糖)
    1. 鮭の皮と骨を除き、一口大の薄切りにする。はらこはぬるま湯の塩水につけて、ほぐす
    2. 米を洗い、やや硬めの水加減とし、30分ほどつけておいてから炊く
    3. 鍋に調味料を入れ、一煮立ちしたら鮭の切り身を入れて、くっつかないように煮て取り出す。同じ鍋をいったん煮立てて火を止め、はらこを入れ、すばやく取り出し煮汁を切る
    4. ご飯が炊けたら、すぐに3.の煮汁を混ぜ合わせ、20分ほど蒸らしてから、器に盛り、上に鮭とはらこを飾る。ご飯を炊くとき水に鮭の煮汁を加えて炊く方法や、切り身は上に飾るのでなく炊き上がったご飯に混ぜ込む家もある


    あら汁

    はらこ飯+あら汁で「秋の味覚満喫セット」

     阿武隈川でとれた鮭ではらこ飯をつくったら、残った部分のどこも無駄にすることはありません。頭や骨、白子などのあらは、夏に採れたジャガイモや、秋に収穫となるサトイモ・ゴボウ・ネギなどとともに「あら汁」にします。はらこ飯とあら汁は、海の幸と田畑の幸をいっぱいに楽しむ、ここに住む人の「秋の味覚満喫セット」なのです。

  • 鮭のあら(頭、中骨、はらこ、白子など)
  • サトイモ
  • ダイコン
  • ニンジン
  • ゴボウ
  • ネギ
  • 豆腐
  • こんにゃく
  • だし汁(かつお、昆布だし)
  • 調味料(醤油、塩、酒)
    1. あらに塩を強めにふって10分ほどおいてから、熱湯に入れて汚れを取る。これで臭みも取れる
    2. だし汁に、ゴボウ・ニンジン・サトイモなど硬いものから具を入れていき、あらも加えて煮る
    3. やわらかくなったところで、調味料で味を整え、豆腐とネギを入れてサッと熱を通す