NHK健康フェア >> 古賀市 >> ふるさとの味 >> かしわ飯・ぼっかけ





 

かしわ飯
ぼっかけ


かしわご飯

農業女性活動促進事業推進協議会(農業女性協議会)会長の秋山レイ子さんと、前会長の水上シゲ子さん

さっぱりしたなかに深い味わい

 「かしわご飯」も古賀の鶏料理の代表格。骨なし肉を使いますが、この料理にも親鶏の肉がぴったりです。具はささがきごぼうだけ。さっぱりした味わいで、かみしめるほどに、しみ込んだ肉の旨味が楽しめます。

 4人分

  • 米 3カップ
  • かしわ(骨なし肉、砂ずり、皮、玉ひもなど)120g
  • ごぼう 60g
  • 濃い口醤油 30cc
  • 醤油 20cc
  • 酒 15cc
  • 水 700cc
    1. 米はといで30〜60分おいておく
    2. ごぼうは細いささがきにして、水に30分ほどさらす
    3. かしわは細切りにする(玉ひもはきざまずに小分け)
    4. 材料をすべて入れて炊く




    ぼっかけ

    「食べごと」のお開きは「ぼっかけ」

     「庭野菜」丸ごと利用の食べごとステージもお開きが近づきました。延々と楽しんできた「食べごと」のお開きは、鶏がらスープをごはんにかけて食べる「ぼっかけ」。これが出ると、「もうそろそろ」という合図です。「いやな客がきたら、さっさと、ぼっかけを出せばいいですね」との冗談に笑いながら「いやな客はいません」とキッパリ、秋山さん。

     塩と醤油だけで味つけしたスープを味わって、平野レミさんは「本当にそれだけの味つけで、素朴ななかにコクがあって、おいしい!」。「骨のズイまで楽しむわけですねえ」と感心するテツさん。

     鈴木アナの「ぼっかけをよく食べる方は?」との問いかけに会場の皆さんから拍手。「宴会に欠かせない料理だ、という方は?」には、さらに大きな拍手がわきました。

     4人分

  • 鶏がら 400g
  • ねぎ 少々
  • 塩 小さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • 水 600cc
    1. 鶏がらを水(600cc)の入った鍋に入れ、30〜60分煮込んでスープをとる
    2. スープに塩と醤油を入れて味をととのえる
    3. ねぎのみじん切りを散らす
    4. スープをごはんに直接かけて、熱いうちに食べる
    *好みで溶き卵を流し込んでもよい
    *春にはねぎの代わりにセリを入れると香りが楽しめる