NHK健康フェア >> 四国中央市 >> ステージイベント





 

「心臓病の最新情報」

北村惣一郎
(きたむら そういちろう)
国立循環器病センター 総長

 日本人の死因のうち第2位という心臓病、なかでも心筋こうそくは突然死につながるだけに怖い病気です。心筋こうそくはなぜ起こるのか、防ぐにはどうすれば良いのかを分かりやすく解説していただきました。
 心筋こうそくのリスク(危険因子)は喫煙、生活習慣病、中性脂肪、肥満、運動不足。 そして引き金となるのは過労、睡眠不足、ストレスです。
 予防には食生活、運動、健康診断、薬による予防の4項目があります。生活習慣の面では、豆、海藻、こんにゃく、青魚、緑黄色野菜などを多くとり、卵、魚卵、塩分、動物性脂肪、タバコ、アルコールを控えめにすることが大切。それから、先生はとくに善玉コレステロール HDLを増やすには「運動」が大切であることを強調されました。あわせてステント療法という最新治療の情報も紹介していただきました。


詳細はこちら(NHK「生活ほっとモーニング」サイトに移動します。12月22日の放送内容をご覧ください。)

 

「わたしの健康法」

大桃美代子
(おおもも みよこ)
タレント

 銀行員時代、そしてタレントになってからのストレス体験、「クイズ日本人の質問」に出演中に高橋英樹さんから受けたアドバイスなど、ご自身の体験をもとにお話しいただきました。会場の皆さんも、そのお話にひきつけられていました。「ストレスとの付き合い方は」という会場からの質問には「意味のあるものと思うことだと思います」とも。
 また、早朝の番組に出演中に考えついたという大桃流「めかぶ汁」も、ご紹介いただきました。つくり方は以下の通り。大桃さんの健康の秘訣です。
(1)どんぶり鉢(うどんサイズ)か大きめの汁わんに、めかぶ(1パック)、納豆(1パック)、じゃこ(ちりめんじゃこ、適量。またはしらすでもいい)を入れる。
(2)具のないみそ汁(「減塩みそ」を使用)を、どんぶりの上から注いでできあがり!

※具のほうをみそ汁に入れると材料の栄養が損なうおそれがある


四国中央市に事務所を持つ劇団 「サイケデリック・マンモス」の寸劇

 その他、寸劇などのおもしろいステージイベントがたくさん行なわれました。