NHK健康フェア >> 知内町 >> ステージイベント





 

「かゆみ解消!冬の"乾燥肌"対策」

諸橋正昭
(もろはし まさあき)
富山医科薬科大学
名誉教授

かけばかくほどひどくなるかゆみ。毎年冬になると、乾燥肌に悩む人が大勢いますが、かゆみを引き起こす大きな原因が乾燥です。空気の乾燥によって乾燥肌になり、かゆみへと進む。一度かゆみが起きると、神経が皮膚の表面近くまで伸び、さらに刺激に敏感に。「かゆみの悪循環」です。
 乾燥肌、かゆみを引き起さないためには肌の保湿が大事です。部屋を加湿することやお風呂の温度を40度以下にすること、深夜2時には熟睡していることなど、具体的なアドバイスをいただきました。
 また食べものにも要注意。辛いもの、ヒスタミンを持ったもの(タケノコ、なす、ホウレンソウなど)や、ヒスタミンを出させるもの(トマト、イチゴ、チョコレートなど)は、避けたほうがよいそうです。
 最後に保湿剤を使うときのポイントを。肌がつっぱっているときはワセリン、白く粉がふいているときは尿素入りのもの、肌が荒れてかゆいときはセラミド入りのものを選ぶとよいそう。使うタイミングは外出前、帰宅後、入浴後がおすすめです。

詳細はこちら(NHK「生活ほっとモーニング」サイトに移動します。2月23日の放送内容をご覧ください。)

 

「わたしの健康法」

(たつみ たくろう)
俳優

俳優として、食リポーターとして、忙しい活動を続けてきたさん。忙しいスケジュールをぬって、乗馬、和太鼓などさまざまな趣味をもっているそうです。全国各地を食べ歩いてきた辰巳さんの食へのこだわりと、生活の中での健康法についてお話をうかがいました。

 その他、さまざまなステージイベントが行なわれ、会場はたいへん盛り上がりました。

知内吹奏楽団・知内高校吹奏楽部による演奏
知内町内のコーラスサークル「ソレイユ」の皆さん
「中の川太鼓」の勇壮な演奏