NHK健康フェア >> 大和高田市 >> ふるさとの味 >> タコときくなのピリ辛和え





 

タコときくなのピリ辛和え

地味な脇役が目を引く料理に

シャキシャキとネットリ歯ごたえの食感を楽しめる

きくなの収穫のようす。きくなは葉幅を広く改良された系統

 大和高田市近郊のきくな(春菊)は、葉幅を広く改良されたものが多く、硬い軸がなくて根元から葉がついており、食べやすいのが特徴です。そこで、これを活かした、若い人たちにも喜ばれるお酒のつまみを紹介してもらいました。

きくなのグリーンとタコの赤・白とで、彩り鮮やか。きくなのシャキシャキとタコのネットリした歯ごたえで食感の違いもおもしろい。豆板醤のピリ辛をきかせた、ちょっと目を引く料理です。

 ふつう、きくなはおひたしや鍋物に使われるくらいの地味な存在と思われがち。でも、この料理を見て栗田アナウンサーも「これなら、普段は脇役のきくなが、主役になっていきますね」と感心していました。

 4人分

  • 茹でタコ 200g
  • きくな(菊菜、春菊) 1束(280g)
  • 長ねぎ 1/2本
  • ドレッシング
    [おろし生姜 1かけ分、味噌 大さじ1と1/2、ごま油 大さじ2、酢 大さじ1、砂糖 小さじ2、豆板醤 小さじ1、白炒りごま 大さじ1]
    1. タコは薄くそぎ切りにする。きくなはサッと熱湯に通して冷水にさらし、水気を切る。
    2. 長ねぎは芯を取り除き、4〜5cmの千切りにし、冷水にさらして水気を切る。
    3. 3.ドレッシングの材料をボールでよく混ぜ合わせ、1.のタコときくなをザッと和えて器に盛る。2.の長ねぎを散らす。