NHK健康フェア >> 士別市 >> 地元食材レシピ >> マトンとじゃがいものゴマみそ煮





 

マトンとじゃがいものゴマみそ煮

羊肉と北海道のじゃがいも、たまねぎを使って

出演者の皆さんに大好評でした

 本多京子さんに、羊肉でも値段が安く入手しやすく、カルニチンや鉄分など栄養が多いマトンと、北海道が産地のじゃがいも、たまねぎ、にんじんを使って、ご飯にあう料理をつくっていただきました。

 試食した宮川アナは「ゴマ味噌の風味が効いて、肉の臭さがないです」。出演者の高橋料理長は、「じゃがいもとマトンの味がからみあっておいしいです。来年、大阪で開かれる陸上の世界選手権のとき、じゃがいも食の本場のドイツの選手が直前合宿で来るので、食べさせてあげます」と喜んでいました。

本多京子さん(ほんだきょうこ)
管理栄養士。医学博士。実践女子大学家政学部食物学科卒業後、東京医科大学で医学博士号取得。現在、日本体育大学女子短期大学講師。医学・栄養学の知識に基づいた、わかりやすい話と、おいしい料理を紹介している。本多ダイエットリサーチ主宰。
 4人分
  • マトン(またはラム) 200g(薄切り)
  • じゃがいも 300g(2個)
  • たまねぎ 80g(1/2個)
  • にんじん 120g(小1本)
  • さやえんどう 10枚

  • にんにく 2片(みじん切り)
  • ごま油 大さじ1
  • だし 300ml

    B(ごまだれ)
  • 練りごま(白) 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 味噌 大さじ2
  • カキ油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 醤油 小さじ1
  1. マトンは食べやすく切る。

  2. じゃがいもは皮をむいて乱切り、にんじんは1cmの厚さの半月切り、たまねぎはくし型に切る。さやえんどうはすじを除いておく。

  3. 鍋にAを入れて火にかけ、香りが出たきたらラムとたまねぎ、にんじんを加えて炒め、だしを加えて約10分煮る。

  4. じゃがいもとBのごまだれを加えて、やわらかくなるまで15分くらい煮る。

  5. 煮汁がなくなったら、さやえんどうを加えてふたをし、1分くらい蒸らす。