Home >> 2004年度研究報告一覧 >> 1  

研究課題名

乳幼児における食育カリキュラムの開発

−地域の農作物生産者との連携を軸として−
研究代表者 師岡 章 白梅学園短期大学保育科助教授 

  氏 名 所属機関
共同研究者 酒井 治子 東京家政学院大学家政学部家政学科
外山 紀子 津田塾大学国際関係学科
林  薫 白梅学園短期大学保育科

 本研究は、乳幼児期の保育を担う現場に向け、食育実践の目標・内容・方法を含んだ食育カリキュラムの開発を行うことを目的とした。具体的には、「食」を「農」と関連、結合させた活動に関心が向けられるようになる3歳以上児を対象に、各年齢別の指導計画を作成、提案していくこととした。

 そのため、第一に、平成16年3月、厚生労働省より通知された「楽しく食べる子どもに〜保育所における食育に関する指針」を分析し、食育に視点をおいた年齢別指導計画作成上の留意事項を整理した。同時に、幼児期の保育の特質についても考察し、年齢的な特徴に見合った食育カリキュラムのあり方を確認した。第二に、豊かな人間性の育成という幅広い視点を踏まえた先進的な食育実践、特に「食」と「農」を関連、結合させた実践を展開している保育所を、厚生労働省・児童育成協会主催による平成16年度ブロック別児童福祉施設給食関係者研修会等より抽出し、食育に関する指導計画、実践記録などの資料収集、及びその資料の分析を行った。第三に、第二において抽出した保育所の中から、地域性を考慮しつつ、ヒアリング調査を実施し、食育実践の実際を把握し、食の視点を加味した計画と実践のあり方を考察した。

 以上の内容、方法に基づき考察した結果、以下の点が明らかとなった。

 1) 保育現場で食育に視点をおいたより精緻な年齢別指導計画を作成するためには、小学校以上の教科教育的な発想を脱皮し、体験を通した学びに着目する必要がある。

 2) 豊かな体験を育むためには、それを引き出す環境が重要である。保育者による直接的な指導よりも、環境を通して行う保育を基本に、食育も計画、実践される必要がある。

 3) 「食」と「農」のつながりを子ども自身が気づき、大切なことと受け止めていくためには、日常生活の中に飼育や栽培が自然なかたちでとけ込む必要がある。

 4) そのためには、まず保育者が「食」と「農」の結びつきを大切に考えること。さらに、地域で飼育・栽培のノウハウを持つ大人たちとのふれあいが不可欠である。そうしたふれあいを継続的なものとし、各園の文化にまで高めていくことが重要である。

 5) 以上の点を、各年齢、特に3歳児以上児において実践すべく、食育の視点を含めた保育の年間指導計画を試案として作成した。これが、各園のひとつのモデルとなり、批判的に検証される中で、食育実践の向上を願いたい。


→次の研究報告